妊娠中は一日が長く感じるし、予定日が遠く感じたけど…。




妊娠初期には…

  • 悪阻があって、早く早く一日が過ぎてほしい。
  • 胎動を感じるわけじゃないから、次の検診日まで、ちゃんと赤ちゃんが育っているか、不安がある。
  • 早く安定期に入って欲しくて、安定期までの一日が長く感じる。

妊娠中期には…お腹が大きくなってきて、腰が痛くなったり、思うように動けないのが辛い。

胎動を感じ始めると、今度は胎動が少ない時に不安を感じる。

この頃は、2週間に一度の検診から、月に一度の検診に頻度が落ちているから、余計に次の検診日が遠い。

妊娠後期になると…

  • お腹が大きくなり過ぎて、胃が圧迫されて、悪阻の時のよう吐き気がある。
  • 腰の痛みなどの、体の不調も増えてきて、早く産んでしまいたいと思う。

予定日近くなると…毎日今日産まれるかもしれないと気を張っていて、疲れる。

一日でも早く産んで、腰の痛みや、胎動が激しくて眠れない日々から解放されたいと願う。

産まれてからは怒涛の日々で1日が過ぎるのが早く感じる人もいるかもしれないけど、私は違いました。

夜中の頻回授乳。我が子の泣き声で起きて、ふと時計を見ると、前の授乳から、まだ2時間くらいしか経っていないことに気づく。

全然眠れていない事実に絶望する。新生児期が終われば、頻回授乳じゃ無くなるはず。早く過ぎろ。早く過ぎろ。

乳幼児突然死症候群が怖くて、早く早く大きくなれ、と切に願った。

 

妊娠期からずっとそう思って、もう2年。

 

早く過ぎてしまった、もう戻れない日々を少し悔やんでいる自分がいます。

 

もっと。
胎動を感じればよかった。

もっと。
妊娠中に出来ることしておけばよかった。

もっと。
新生児期しか見られない我が子を眺めていればよかった。

 

写真を見返して…
あの頃はまだ寝てばっかりだったからよかったな。

泣き声も今より小さかった。

危ないところに登ったり、こける心配もしなくてよかった。

イヤイヤ言われることもなかったし。…としみじみ。

 

時が過ぎれば、今より楽になると思っていたけれど、そんなことはありませんでした。笑

 

RPGみたいに、先に進むと、どんどん強い敵が現れて、その敵に打ち勝つたびに、さらに強い敵が現れる。

 

育児に対する悩みも、中身は変わってきたけれど、悩みそのものが尽きることはありません。

 

あの時もっと早くと願わなければよかった。
あの時には、あの時に得られない何かがたくさんあったはずなのに。

先輩ママからも…
妊娠中の方がいろんなところに行けるよ!新生児期は、あっという間だからね。

って言われていたけど、渦中にいる時には…

「そんなこと言われても、早く過ぎてほしいものは、早く過ぎて欲しいんだ」
と思っていました。

でも…。今同じように、1日がはやく過ぎて欲しいと思っている妊娠中のママや出産直後のママがいたら、やっぱり…

今は今しかないから、そう急がなくて良いよ
と言うと思います。

 

不安な日々も、寝れない日々も後できっとかけがえのない思い出に変わる。

 

だから。
そう生き急ずに。

 

今は終わりのない暗闇の中にいるような感じかもしれませんが、妊娠期にも新生児期にも必ず終わりが来ます。

 

例え2人目、3人目を妊娠したり、出産したりしても、その子自身を妊娠するのも出産するもの、たった一回きりです。

 

 

大丈夫です!
しんどい「今」を懐かしく思える日が絶対絶対来ますから!

 

だから!きついかもしれない日々を、毎日生き急がす噛み締めてください!

関連記事>>>【出産レポ】初産は陣痛時間が長いは本当!おしるしからの35時間出産体験談

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です