15分で簡単DIY!おしゃれなプラレール収納棚の作り方【設計図付き】

プラレール収納棚




まめま
増えるプラレールの収納にお困りのママパパ!

この記事では、子どもが片付けしやすい&見た目もオシャレなプラレール収納方法を紹介します。

電動ドライバーがあれば、15分でできる簡単な作り方なので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク




プラレール収納棚〜用意するもの〜

用意するもの
1×4木材・・・920mm×2本
1×4木材・・・880mm×6本

プラレール収納棚
ネジ・・・・・長さ40mm×32本

プラレール収納棚
カラーボックス
ドライバー(あれば電動の方が良き)
鉛筆orシャーペン
定規

木材はホームセンターに売っている1×4(ワンバイフォー)と呼ばれるものを使用。

ホームセンターでカットしてもらえらところを選ぶと、家で切らなくて済むので楽です。

カラーボックスは元々持っていた今回ニトリのものを使いました。

プラレール収納棚

プラレール収納棚〜作り方〜

それでは、さっそくプラレール収納棚の作り方を説明していきます。

こちらが今回作ったプラレール収納棚の設計図です。

プラレール収納棚

①木材に目印をつける

まずは、柱となる920mmの木材に目印をつけていきます。

プラレール収納棚

外側にはネジを打つ黒い点の目印を、内側には棚を合わせるために直線を目印で書きます。

今回カラーボックスと柱も固定したので、カラーボックスにもともと使われているネジと重ならないようにネジの位置を確認して目印をつけましょう。

②柱部分をカラーボックスとビス留めする

目印をつけたら、その目印にカラーボックスと木材を合わせ、ビス留めしていきます。

③棚部分をビス留めする

カラーボックスと柱が固定されたら、棚部分を固定していきます。一つの棚に対し、片側2本ビス留めをしています。

プラレール収納棚

全ての棚をビス留めしたら完成です。

スポンサーリンク

プラレール収納棚〜完成〜

そして、こちらが完成したプラレール収納棚です。

プラレール収納棚

柱の上が少し出っ張っています。これは一番上にも飾れるようにするため。高さがあるものはここに置けます。

また一番下のスペースも使えるので、こちらは少し小さめのものを置くといいでしょう。

実際に我が子がプラレールを収納してみた画像がこちら。

プラレール収納棚

とても見やすく、いつでも取って遊べます。

画像では1段に、3両編成のプラレールを2つ置いていますが、幅にはまだ余裕があるので、プラレールが多くなってきたら、1段に4つまで収納可能!

子どもが片付けしやすいプラレール収納棚をDIYしてみよう

今回プラメール収納棚を作ったことで、子どもも片付けが楽しくなった様子。

どの段にどのプラレールを置くのか、楽しみながら飾る感覚でお片づけしてくれるようになりました。

見た目もキレイなので、親としても作って良かったなと感じています。(といっても作ったのはパパだけどw)

今はカラーボックスの下が空いていますが、レールや駅などのプラレール関連おもちゃを片付けられるようにする予定です。

まめま
プラレールの収納にお困りのママパパ!ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です