赤ちゃんの夜泣き!原因は「歯ぐずり」かも!?




昼間は可愛い我が子も、夜になるとヒステリックモンスターに変身!

我が子の夜泣き歴史は、かなり長いのですが、1歳ごろの時の夜泣きが酷かった!泣

天使のような可愛い寝顔で寝ていたかと思うと、急にオギャーーー。
抱っこしようにも、おっぱいあげようにも、どうにもならないくらいに泣き叫ぶので…

まめま
どこか痛いの?病気なのかな?

と心配する気持ちと

まめま
何がそんなに気に入らないの!

とイライラしてしまう気持ちが半々。

毎晩毎晩1時間おきに起きて、夜泣きする我が子に、何度イライラしたことか…

そんな夜泣きに1週間悩まされて、これは本格的にどうにかしなきゃ、夫婦共々倒れてしまう!

何とかしたい一心で、そりゃー検索しましたよ。でもどんな対策も我が子の夜泣きに効果なし。

諦めかけたある日、ある一つの情報が飛び込んできました。
それが「歯ぐずり」

「歯ぐずり?はてはて?聞いたことないぞ。」
と思って、さらに詳しく検索すると…

まめま
これだーーーーー!

そう我が子の夜泣きの原因は「歯ぐずり」だったのです。

スポンサーリンク




歯ぐずりとは?

歯ぐずりとは、赤ちゃんの歯が生えてくる歳に、痛みや痒みなどの不快症状が出ることです。

歯が生えてくる時の、痛みや痒みが原因で、何だかぐずぐずしてしまう、泣き止まないといった状態になります。

赤ちゃんの口の中を見てみると、まだ歯が生えていないところの歯茎が、少し白みがかって見えることがあります。

それは、歯が生える一歩手前の状態というわけなんです。

そして、その奥に眠っていた歯が、歯茎から出てくるその時期に、赤ちゃんは猛烈に痛みや痒みを感じるそうです。

歯ぐずり時の赤ちゃんの様子

歯ぐずりする際には…

  • 夜泣きがひどくなる
  • 指を口に入れていることが多くなる
  • 離乳食を食べなくなる
  • おもちゃを噛む
  • よだれの量が前より増える

などの症状が出るらしいのです。

当時の我が子は…

  • 離乳食は食べない
  • でも赤ちゃんせんべいは食べる
  • 夜は1時間おきに起きて
  • 日中はいつも手がお口の中
  • よだれも増えて、口周りは湿疹増加

まさに全ての症状が当てはまっていました。

まめま
なるほど!歯が生えてくるのが痛かったのか!

とやっと気づいたママ。

よくよく口の中を見てみると、下の歯2本のとなりに、3本目4本目の歯が歯茎に隠れていました。

スポンサーリンク

歯ぐずりの対策

それから、歯が生える時の痛みや痒みを、少しでも取れるように対策を取りました。

夜寝る前に歯固めを使わせる

もちろん日中も使わせても良いと思うんですけど、夜寝る前にガジガジと歯固めを使わせておくと、夜泣きが軽減されました。

使った歯固めはこのカメ型。

まめま
硬さが絶妙のようで、ガジガジ噛んでました。

遊びながら、歯のかゆみや痛みが取れるのがおすすめポイントですね。

また、よく見る棒状の歯固めだと、遊んでいる最中に喉を突いてしまう可能性があります。

その点、このカメ型歯固めは、安心して遊ばせながら使えたので、歯ぐずり解消にとても役立ってくれました。

夜寝る前にお水を飲ませる

歯ぐずりは、冷やすと痛みや痒みが、少しは落ち着くらしいので、夜寝る前にお水を飲ませていました。

あまり冷やしたお水だと、お腹を壊してしまうかもしれないので、常温よりもすこーし冷たいかな?くらいのお水をストローマグで飲ませました。

ちなみに!

使っていたストローマグは出産祝いでいただいたミキハウスの食器セットのストローマグ。

なんでも揃っている食器セットなので、これ一つで離乳食の食器からマグ、スプーンやフォークも付いています。

夜泣きがひどい時は一旦起こす

夜、痛みを伴ってオギャーと泣く時は、一旦電気をつけて起こしました。

それから、痛いことから気をそらすように、歌を歌ったり踊ったりしてからもう一度寝かしつけを行います、

まめま
結構根気がいるんですけど、泣き止むのなら…と思ってやってました。

歯が生えるまでの辛抱

原因が分かると、気持ちが変わりました。何で泣いているのか分からない時は、どうしようもなく途方に暮れてましたから。

そして、そういえば…と今までの育児を思い返してみると、泣くのには、必ず理由があったんです。

もちろん、成長していけば、理由なく泣きたくなることもあるかもしれませんが、基本何かを伝えようとして、言葉の代わりに泣いていることが多い赤ちゃん。

月齢が幼いうちは、一人目と言うこともあり、泣くたびに…

お腹すいた?
うんちした?
眠い?

などと、その泣いている原因を確かめようとしていたのに、だんだん育児に慣れてきて、泣いている我が子を見ても…

よくわかんないけど、泣いてる
と思ってしまっていた。

夜泣きは、あまり原因がないことが多いという情報に踊らされていて、我が子もきっとそうだと思い込んでいました。

本人が喋れるわけじゃないので、もしかしたら原因は他にあるかもしれないし、原因自体ないかもしれません。

でも、泣くという手段でしか感情を伝える術がない赤ちゃんが、泣いているのなら、やっぱりまずは原因を探してみた方がいいなとこの経験で思いました。

歯ぐずりが原因だと分かってからは、離乳食を食べないのも、一時的なものだと思えましたし、夜痛くて泣いちゃうのも仕方がないと、諦めがつきました。

離乳食を食べないのも、夜泣きも、よだれが増えたのも、口周りの湿疹も、原因が分からず、いつまで続くか分からないと、なかなか乗り切るのが難しいです。

でも、原因が分かれば、それが時間が解決するのか、対策が取れるのか、考えることができます。

育児に慣れてくると、良いことはもちろんたくさんあるけれど、初心を忘れがちになっていました。

きっと今までの夜泣きの中にも、歯ぐずりがあったんだと思います。我が子は必死にママに伝えようていたのに…。

まめま
スマン!我が子。

歯ぐずりで夜泣きがひどかった1週間を乗り越えて、今は歯が歯茎から顔を出したので、ひどい夜泣きは収まりました。

まめま
ひどくない夜泣きは、相変わらず継続中ですが…泣

奥歯が生えてくる時が一番歯ぐずりがひどいらしいので、今から恐怖です。

【追記】

奥から2番目の歯が生えて来るときの夜泣きが一番酷かったです。

ただ・・・1番奥の歯が2歳前後で生えて来るとのことで、白い歯のようなものが、歯茎の下に見え始めています。

歯ぐずりとの最後の戦いまで、かぁちゃん頑張ります!泣

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です