1歳児の公園デビュー!初めて靴を履いて外を歩いたよ!




先日ファーストシューズを購入した我が家。

その時の記事はこちら

【シューフィッターに聞いた】赤ちゃんのファーストシューズの選び方!おすすめはムーンスター

2018-11-24

靴屋さんでの試し履きでは、靴を履いたっきり、その場から動かず。
足をどう動かして良いのか分からない様子だった我が子。

 

シューフィッターさん曰く「ある程度靴に慣れる必要がありますから。でも、慣れるの早いかもしれませんね。本当に嫌な子は泣いちゃう子も多いので。」とのこと。

 

そうか!我が子は靴があまり嫌いではないのか!

 

と思ったママは、いわゆる室内履きでの練習を全くせず、その日の思いつきで靴デビューしてきました。笑

スポンサーリンク




靴でお外&公園デビュー〜3ステップ〜

 

ステップ1:コンクリートでつたい歩き

まずは。
住んでいる家のエントランス部分というんですかね。

下はコンクリート、フェンスがあるスペースがありましたので、そこに靴を履かせて立たせてみました。

 

そしてママはすこーしだけ離れたところで手を広げて待ちました。
(下がコンクリートなので、転倒した時のためにすこーしの距離離れました。)

 

もともと、首が座る頃から犬の散歩を兼ねて、抱っこ紐やベビーカーで外出していたので、我が子はお外がとても大好き。

 

つたい歩きしたところも、今まで自分の足で歩いたことはおろか、立ったことさえない場所だったので、テンション高めに歩き始めました。

 

ただやはり、靴に慣れないせいか、この段階では一人歩きはしませんでした。

 

ステップ2:公園でつたい歩き

次に、家のすぐ近くの公園のフェンス近くに立たせて、つたい歩きをさせました。

 

つたい歩きさせた場所は、できるだけ木の根などがなく、平らで歩きやすそうなところを探しました。

 

はじめの数歩はつたい歩きしてくれましたが、その後は地面に生えている草、つくし、花や木の枝に気を取られて、なかなか歩かず。

しゃがみこんで、ひたすら葉っぱや土をイジイジしていました。

 

ステップ3:再びコンクリートへ。

公園に行った後、家へ帰る前にもう一度だけコンクリートの上に立たせてみました。

 

歩けるということの楽しさを感じてきたのか、恐怖心がなくなってきたのか。
その時は突然きました。

 

なんと!コンクリートの上を10歩前後一人歩きしたのです。

 

10歩くらいでコケちゃいましたが、きちんと手をつけましたし、全然泣かない我が子。

 

ママの方がそろそろ帰りたくなって、説得してお家に帰りました。笑

 

ファーストシューズの練習は必ずしも必要ではないー

我が子が練習なしで靴を履いて歩けた理由は性格もあるでしょうが…
「我が子に合う靴を選べたから」ではないかと思います。

 

我が子の足は、平均よりも幅があり、足の甲の高さもあるタイプだそうで、その足に合った靴をシューフィッターさんに紹介してもらいました。

 

また、最終的に本人が選んだのもあるのかなと。

1歳児なので、何となーくの色や形でたまたま選んだのかもしれませんが、我が子は我が強いタイプなので、自分で選んだ感は幼いながらもあると思っています。

 

あと。
親的には土の上の方が、コケても比較的安全と思って、土の上や芝生の上を歩かせがちです。

 

しかし。
コンクリートのように固い地面の方が、我が子は歩きやすそうでした。

 

固すぎる地面を長距離歩かせることは、膝や足の裏への負担の懸念もあるそうです。

 

ただ、はじめの一歩を踏み出すのは、できるだけ平らで足を取られないような場所が良いと、我が子を観察して感じました。

よく「靴を気にして歩きません」というママの意見も聞くのですが、靴以外に、興味を持てるものが周りにたくさんたくさんあれば、その悩みは解消するかもしれません。

我が子は靴よりも、歩けることや周りの景色、土や草に夢中で、靴の存在は目にも入っていない様子でしたから。笑

 

今後は…
犬の散歩をしながら、歩くことはまだできないので、午前中に子供と私で、午後にベビーカーか抱っこ紐で犬の散歩に行くというのが、1日のスケジュールになりそうです。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です