家族との写真共有アプリ「みてね」を2年間使った感想とおすすめ理由




「子どもの写真が見たい」というおじいちゃん・おばあちゃんの要望に簡単に応えたい!

赤ちゃんと毎日会えないおしいちゃん・おばあちゃんはもちろん、仕事で家にいないパパから、赤ちゃんの可愛い瞬間の写真や動画を催促(笑)されて、いそいそとメールやLINEを使って写真送っているママへ。

家族で写真を共有するのにおすすめなのアプリがあります。

それが「みてね」というアプリ。

この記事では「みてね」を2年間使ってみて感じているおすすめ機能をお伝えします。

まめま
アプリを使って、簡単に写真を共有できれば、ママの負担は減る・・・ハズです!
家族アルバム みてね

家族アルバム みてね

mixi, Inc無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク




家族写真共有アプリ「みてね」のおすすめ機能

「みてね」の中でも、とくにママにおすすめの機能を5つご紹介します。

簡単アップロード

「みてね」を使う前までは、LINEで夫、実父母、メールで義父母に子どもの写真を送っていました。

「みてね」なら、トップページから【追加】をタップすると、スマホのアルバムに繋がります。
そして、アルバムからアップロードしたい写真を選ぶだけ。

できるだけ頻繁に写真を共有するのに、操作がとても簡単です。

無制限にアップできる

写真の枚数は無制限で無料アップロードできる「みてね」

動画も3分以内であれば無制限でアップロードできます。

まめま
動画は以前2分以内だったので、アップロードできる時間が増えて助かりました。

招待制だから見せたい人にだけ見せられる

他のSNSは比較的広範囲へ写真が公開されますが「みてね」は招待制アプリ。

招待方法は簡単です。

  1. 【家族設定】から【家族を招待する】を選択
  2. 招待する人の関係性を選ぶ。
  3. アプリ版とブラウザ版どちらから招待するか選ぶ。
  4. 選んだら招待方法を
  • LINE
  • メール
  • QRコード

から選択。

あとは招待される側が、LINEなりメールできた招待コードからアクセスして招待完了。

まめま
簡単なので、50代nスマホ初心者の実父も操作できました。

「夫婦のみ」公開機能がある

たとえば、ママがすっぴんで子どもと撮った写真や、夫には見せたいけど義父母にはちょっと・・・という場合もぶっちゃけありますよね?笑

そんな時は、写真の公開範囲を「夫婦のみ」とすれば、夫婦間だけで写真を共有することも可能です。

フォトブックを自動作成してくれる

「みてね」では月に一回フォトブックを自動作成してくれます。

アプリ内だけでフォトブックを作成するのは無料。
印刷して実物が手元に欲しい場合は1冊490円(税別)で作ることもできます。

まめま
送料無料キャンペーン中です。

私は子どもが0歳~1歳までの1年間、実家と義家に一冊ずつ作って送っていました。

決算はキャリア決算を選べたので・・・

  1. フォトブック作成
  2. 送り先登録
  3. キャリア決済
で簡単注文ができます。(送り先は登録すれば翌月からは入力不要。)

実際に物として届くと嬉しいようで、とても喜ばれました。

まめま
フォトブックは「みてね」側で自動作成してくれますが、自分で写真を選ぶことも可能です。

【まとめ】家族写真共有アプリ「みてね」があれば子どもの写真を簡単に送れる

アプリひとつで、簡単に写真を共有できる「みてね」

おすすめ機能は

  • アップロードが簡単
  • 無制限アップロード
  • 招待制で安心
  • 公開範囲の選択可能
  • フォトブック自動作成機能あり
という点です。

まめま
無料アプリでるので、ためしに使ってみてください!!
家族アルバム みてね

家族アルバム みてね

mixi, Inc無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です