生理中の育児!辛い&しんどい&キツイ!のはこんなトコ!お助けアイテムは?




生理中は、心身ともにいろんなトラブルが我が身を襲います。

その中でも痛みを伴う「生理痛」は、本当に辛いですよね。

 

それでも。
自分一人の時は、横になって休める時間も作りやすかったですが、育児中はそうもいきませんよね?

 

24時間365日休みのない育児中は、どんなに生理痛があっても、育児を休むことはできません。

 

私は、出産後生理痛が重たくなってしまったタイプで、出産前よりも生理期間の苦痛感が増しました。

 

(授乳中だから、薬を控えているということも、育児中の整理が辛い原因の一つでしょうが…)

 

スポンサーリンク




生理痛の育児!キツイトコはこんなトコ!

腹痛派と腰痛派、両方派に分かれると勝手に思っていて、私は主に腰痛派なんですが…

 

まず!

ベッド布団から起き上がれない。
腰が痛くて抱っこが苦痛

 

生理前から生理中は、眠気もあって、まず朝が起きられない。
旦那のお弁当は最悪無くてもいいんですけど、子供のご飯を用意しないわけにはいきませんよね。

 

そして。
そんな日に限って食べない、散らかす。イライラ度がどんどん高まっていく。

 

おっぱいの味も違うんでしょうね。
やたらと抱っこ抱っこ。
腰痛派の私にはもはや修行の一環とも思える苦行。

そして。
気持ちがついていかない。

 

動かなきゃと思っても、気持ちがついてこないから身体が動かない。
本当に最低限のことで、絶対やらなきゃいけないことでも、ギリギリまで出来ない。

 

さらに、何より辛いのが…
添い乳。

未だに添い乳で寝かしつけてるんですけど、その時の姿勢が、自然な姿勢じゃないから、腰に負担がものすごくきます。

 

そんな時に限って早く寝ないし、夜泣きするから、また添い乳して落ち着かせなくちゃいけないけど、その体勢がキツくてしんどい。

 

細かく挙げればキリがないでしょうが、生理中は痛みと戦いながらの育児になりますよね。

 

生理中の育児!乗り切るポイントはココ!

 

そんな苦痛に満ちた生理中の育児。
それを乗り越えるには、いろんなお助けアイテムに頼る他ありません。

 

私自身を、いつも助けてくれるお助けカードをご紹介します!

 

惣菜or外食or出前

このカードは、だいたいいつも生理1日目の痛みがどピークの時か、生理2日目の出血多量で貧血クラクラの時に使うカードです。

・キッチンに立っているのも辛い
・作る気力も体力もない

そんな時は、迷わずこのカードを切ります。
結婚前の同棲期からのことなので、夫も了承済みというところがありがたいとところですね。

 

必ず湯船にゆっくり浸かる

 

腰痛派の私にとって、腰を温めるという動作は、何よりもお助けカードです。

一番最後にお風呂に入るようにして、ゆっくり腰を温めるます。
痛くない程度に少し自分でストレッチもします。

 

私の場合、高温でパッと温めるより、少し温かい程度の温度でゆっくり浸かる方が痛みが軽減されます。

 

腰の下にバスタオルを敷く

 

腰痛派の私は、とにかく腰痛が軽減されそうなことは全てします。

特に効果があるのが…

ベットや布団で眠る際に、腰の下にバスタオルを入れること。

 

そうすることで、腰部分だけクッション性が増して、痛みが軽減されます。
(あくまで私の場合ですが…)

 

初めは抱き枕やクッションを敷いていたこともあったですが、その場合逆に腰が反りすぎて痛くて痛くて…。

 

バスタオルを半分に折り、それを三つ折りするくらいがちょうど良いです。

 

スポンサーリンク

生理中の育児は出来るだけ手抜き

 

もっともっとキツイ!しんどい!辛い!を挙げたいところですが、キリがないのでこの辺にしますが、生理中の育児は本当に辛い。

眠いし
お腹痛いし
腰痛いし
気持ち悪いし
肌荒れするし
お腹下すし
やる気起きないし
イライラするし

本当にマイナスなことしかないし、考えられません。

 

何にもできない自分はダメな母親なんだ…とネガティブになるんですよ。

 

でもね。
仕方ないんです。痛いんですもん。

普段は頑張ってるんです。月に一回、これを乗り切ればまた普通に生活できるし、風邪などの病気と違って終わりがあるのが明確。

 

だから。
月に一回1週間、しかも痛い数日間だけ。
そこだけは、最大手抜きしましょう。
そして、そんな手抜きしている自分を責めないであげてください。

 

手抜きしてダメだな。
と思うってことは、普段ちゃんとやってる証拠です。

 

だから、こんな時くらい身体を労ってあげましょう。

一回一回の生理で無理をしすぎては、将来的に身体に負担が来ることは明白です。

普段からお子さんと接していれば、お子さんにも愛情はきっと伝わっていると思います。

だから、生理中だけでも自らの身体を労って、生理期間を可能な限り不快な症状から守ってあげましょうね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まめま

20代後半、真面目だけど超絶面倒くさがりママ、略して「まめま」です。 1歳ヤンチャboy、俺様旦那、ぶちゃカワ犬との4人暮らし。 日々、妊娠や出産、育児に関する悩みについて調べたり、経験したことを綴っています。