イヤイヤ期対策には男の子・女の子それぞれにあった対処法があった!




1歳を過ぎた我が子には、絶賛自己主張中です。

 

「え?イヤイヤ期って2歳からじゃないの?」
と思っていたママは、なんの準備や対策もなくきた、イヤイヤ期の前兆のようなものに、あたふた。

 

毎日ワンオペ育児で、一対一の時間が長く、最近はお昼寝の時間も短くなってきたので、相手をする時間が増えてきました。

 

ニコニコの時はいいんです。
可愛いし、ニヤニヤしながら相手できるんですけど…

 

何だか分かんないけど、ぐずぐず&イヤイヤ言って、何をしてもぐずぐず&イヤイヤだと「もぉーーーー!」って発狂したくなることも。

 

でもそれって…
・何に対してイヤイヤ言っているのか?
・どう伝えたらイヤイヤが解消できるのか?

 

これが分かってないからかもしれない!と気づきました。

 

そこで…
「イヤイヤ期が何なのか?どんな対処法があるのか」
を徹底的に調べて、その実態を知ることから始めることにしました。

 

スポンサーリンク




イヤイヤ期とは?

 

子供は1歳ごろになると「自我」が芽生え始めます。
「◯◯したい」「◯◯したくない」という自分の欲求や願望などの感情を、ママやパパに伝えようと必死。

 

その表現方法が「イヤイヤ」

 

だから、イヤイヤ期がきたことは、子供が成長してきた証の一つでもあるのです。

 

この時期というのは…
・自分の感情を伝える力
・他者を思いやる心
・感情をコントロールする力

 

を成長させるために、とても必要な時期。このイヤイヤ期を通して、子供は「赤ちゃん」から卒業していきます。

 

1歳児の男女別イヤイヤ期対処法

 

根本的なイヤイヤ期について学んでいく過程で、男女別の対処法があることを発見!

 

男の子と女の子では、脳の作りから根本が違います。
もちろん個人差はありますが、その男女の脳に合わせたイヤイヤ期の対処法があるとのこと。

 

男の子の基本的な性格

 

まずは男の子の基本的な性格をみていきます。

 

・命令、強制が大嫌い
・興味のあることしかしたくない
・でも飽きっぽい
・成功体験が自信につながる
・何でもチャレンジ、好奇心旺盛

 

もちろん、当てはまらない子もいると思いますが、周りの男の子を見ても、納得!という方が多いのではないでしょうか?

 

ちなみに、我が子は男の子なので、我が子を見ても「たしかに!」「あるある!」と激しく納得しました。

 

男の子のイヤイヤ期対処法

 

男の子の基本的性格を踏まえた上で、イヤイヤ期に対して、どう対処するのが良いのか良いのでしょうか?

 

・小さなことでもできたら褒める

男のプライドってやつが、小さいながらにあるんですね。笑
何歳になっても男の子は褒められたがり屋。

・「ダメ」はNGワード

プライドがへし折られるような、怒られ方では、イヤイヤがこじれるそう。

もちろん、危ないこと&危険なことは「ダメ」と言わないといけないこともありますが、逆に言うと、それ以外のことに関しては、出来るだけ「ダメ」はNG

 

・強要しない、誘導する

これに関しては、我が夫を見ても、そうだなーっと納得。
本人がやろうとしていたことも「◯◯して!」というと不機嫌さMAXになりますからね。

 

子供に対して「◯◯してみる?」「◯◯するのはどうかな?」と、そっちの方向に誘導するやり方がgoodとのこと。

 

女の子の基本的な性格

次に女の子の基本的性格から見ていきます。

・会話が大好き
・共感する生き物
・コミュニケーションが大切
・感性が豊か

ママならば「当てはまる!」と思う方も多いのでは?
女の人は、会話すること=コミュニケーション。そこがよく男の人と違って、喧嘩になるパターンありますよね。

 

1歳児でも女は女なんだなーと思いました。笑

 

女の子のイヤイヤ期対処法

 

女の子の基本的性格を理解した上で、次は女の子のイヤイヤ期対処法をみていきます。

 

・話を聞く

まずは、どうしてイヤイヤなのか、話を聞くことが大切。

なんて言っているか、分からないことが多い1歳児ですが、ママがしっかり聞いてくれているのは、伝わります。

 

・気持ちに寄り添う

話を聞いた上で「◯◯だったんだね」「◯◯したくなかったんだね」と気持ちに寄り添う姿勢がgood。

ママがわかってくれた!というだけで、少しイヤイヤが和らぐことも。

 

・共感してあげる

「◯◯が嫌だったんだね、わかるよ」と気持ちに寄り添った上で、共感してあげることが大事。

共感することで「イヤイヤ言っても、ママは気持ちを分かってくれて、おんなじ気持ちを持ってくれる」と思う経験が積み重なることで、だんだんとイヤイヤを伝える術を身につけていけるとのこと。

 

スポンサーリンク

1歳イヤイヤ期は「知ること」から

 

イヤイヤ期について、いろんなことを学べたことで、今後の対処法が見えてきました。

 

子供もイヤイヤ言いたくて言っているわけではなく…

・何かしらを伝えたい
・自分の感情と向き合っている

など、本人もイヤイヤと付き合いながら、大きくなっているんだなと思うと、少し余裕が出てきました。

まぁー。
まだまだ1歳のイヤイヤ期はスタートなので、本格的な魔の2歳児イヤイヤ期は、大変なんでしょうが…。笑

でも、イヤイヤ期が何なのか、イヤイヤ期に対する男女別の対処法が分かっているだけ、少し気持ちが違うのかなとは思っています。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です