幼稚園のママ友作り方!上手な人と下手な人を比較してみた!




積極的にいろんなママに話しかけているフレンドリーな人は、側から見ていても、ママ友の作り方が上手。

まめま
でも、今からすぐにそんなママになるのは難しい!!泣

そこで私は「自分から積極的に話しかけるタイプじゃないけど、ママ友の作り方が上手な人」の様子を、幼稚園のプレや支援センター、公園などで観察。

その結果、積極性やフレンドリーさ以外に、ママ友の作り方が上手な人と下手私には、いくつか大きな違いがあることが分かりました。

この記事ではママ友の作り方が上手な人と下手な私の違いや特徴についてまとめました。

スポンサーリンク




幼稚園のママ友!作り方が上手な人と下手な人の違い①目線の向き

ママ友の作り方が上手な人は、下を向いてないんですね。

目線ってすごく大事で、合う気配すらないと、なかなか声をかける方もかけにくい。

自分から声をかけられないとしたら、せめて声をかけられやすい状況にしておくのが大切。

一方で!
私のようなママ友作りが下手な人は、常に子どもだけを見ている場合が多い。

公園でも、支援センターなどの遊び場でも、子どもをちゃんと見ていない親はダメだと思います。

でも、話しかける方としても、子どもさんのマンツーマンで遊んでいる様子を見ると「声をかけちゃマズイかな。せっかく遊んでるみたいだし」と、なっちゃう場合も。

もちろん、子どもと遊びに支援センターや公園に行っているのですから、ママ友ができなくても悪くないんです。

でも、もし声をかけられたいなぁと思うのなら、子どもを見つつも、顔を上げる。他のママと目があったら会釈する。

そうやって、まず話しかけられやすい状況や環境を作るのが大切だと感じました。

幼稚園のママ友!作り方が上手な人と下手な人の違い②表情とリアクション

仮にラッキーなことが起こり、幼稚園のプレなどで、積極的なママさんに話しかけられたとしましょう。

その際にママ友作りが上手な人は、会話の中での表情が豊かな方が多いです。

相手の話にちょっとオーバーなリアクションをするなど、反応が良い。

一方でママ友作りが下手な私は、リアクションが薄い。

リアクションが薄いと「あっこの人は話を終わらせたいのかもしれない。」と誤解されて、せっかく話しかけてもらえても、あまり会話することなく終了!というケースも。

表情やリアクションは、すこーしオーバー気味を心がけるくらいがちょうど良いです。

スポンサーリンク

幼稚園のママ友!作り方が上手な人と下手な人の違い③話す聞くのバランス

話しかけられて会話がスタートするとどうしても

  • 話しかけた方がインタビュアー
  • 話しかけられた方がインタビューされる人

になりがち。

だけど、ママ友作りが上手な人は、話す聞くのバランスが絶妙。だから、会話が続くんです。

自分が答え終わったら、相手にも同じ質問をして、質問ばかり答えるばかりにならないんですね。

一方で、ママ友作りが下手な私は、質問されたら、それに答えるばかりになってしまう。

せっかく支援センターや公園で「お子さんおいくつですか?」などの話しかけてもらっても「◯歳です」と答えて終わり。

相手の方も同い年なら「同じですね」も返ってくるかもしれませんが、そうじゃない場合聞かれてもないのに「うちの子は◯歳なんです。」とは言いにくく、結果会話が終わってしまう場合も。

  • 質問されたら答える、そして相手にも質問する。
  • 質問者にも、回答者にもなると会話が単体で終わらない。
  • そうなると、仲良くなれる確率が上がる。

ママ友作りが上手な人を見ていると、私とそんな違いがあるように感じました。

幼稚園のママ友作り方が上手な人と下手な人の特徴

ママ友作り方上手な人と下手な私を比較した結果、以下のような特徴の違いがありました。

ママ友の作り方が上手な人
1.前を向いている
2.表情豊か
3.聞く話すのバランスが取れている
ママ友の作り方が下手な人
1.ずっと子どもだけを見ている
2.リアクションがわかりにくい
3.聞く一方話す一方

こうみると、積極的に話しかけるだけじゃなくて、話しかけられやすい状況や、会話の仕方に大きな違いがあるなぁとしみじみ。

幼稚園のママ友作り方!無理せずできる範囲で上手な人を真似

幼稚園の願書提出時に、先着順で並んだ際に、数人のママさんから話しかけてもらえることがありました。

その際に、今回挙げた「ママ友の作り方が上手な人」の特徴を真似して

  1. 目線をあげる
  2. 表情やリアクション豊かに
  3. 聞く話すのバランスを取る

という部分を気をつけて会話しました。

その結果!
何人かのママさんとライン交換に成功!!

また何人かのママさんと名前(苗字と子どもの名前)を教えあうこともできました。

幼稚園入園は、これからなので今度いろんなママさんと出会う機会が増えます。

ママ友は必ずしもいないといけないわけじゃないし、ママ友を作るという上でメリットもあればデメリットもあると思います。

でももし、話しかけたいと思ってくれた方がいるのに、自分自身が「話しかけないでオーラ」を無意識に出してしまっているのだとしたら?

それってちょっともったいないかも。

ママ友って何か苦手って思っていた私ですが、いざいろんなママと話してみると、面白い方がたくさんいました。

それに私からは積極的なママに見えていたママの中には「話しかけるの緊張した~」とおっしゃる方もいました。

話してみないと分からないこともあるなぁと思い、無意識に話しかけにくい状況を作っていたところは、今後やはり改善していった方がいいなぁと私自身思いました。

積極的に話しかけるのは苦手だけど、ママ作りたいと思うママさん!

まずは

  • 話しかけられやすい状況作り
  • 会話時のリアクション
  • 会話の仕方

など、できる範囲でちょっと上手な人の真似をしてみてください。

もしかしたら、あなたと話したいと思っているママが近くにいるかもしれませんよ。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まめま

20代後半、真面目だけど超絶面倒くさがりママ、略して「まめま」です。 1歳ヤンチャboy、俺様旦那、ぶちゃカワ犬との4人暮らし。 日々、妊娠や出産、育児に関する悩みについて調べたり、経験したことを綴っています。