専業主婦ママvs.兼業主婦ママ〜余裕があるのはどっち?〜




先日夫と子供を連れてランチに行った時の話です。

 

隣の席では、働くママ2人が女子会ランチを楽しんでいました。
そんなお2人の会話が聞こえてきてしまったのですが…

 

「専業主婦してる友達って、暇だから、子供に余裕を持って接しているんですよ。兼業主婦には無理ですよね〜。」

 

ちょっと待った!!!
全然余裕がない専業主婦ママがここにいます!!
毎日子供怒ってばっかりです!泣
専業主婦なのに、余裕がない私ってダメなママなのでしょうか?!

 

でも…
兼業主婦ママ方からしたら、やはり専業主婦ママは余裕があるように見えるのか…。
でも余裕ってそもそも何なんでしょう。

 

余裕と一口に言っても
・時間的余裕
・金銭的余裕
・精神的余裕
など様々ですよね。

 

そこで、上記3つの「余裕」を専業主婦ママと兼業主婦ママで比べてみることにしました。

 

スポンサーリンク




専業主婦ママvs.兼業主婦ママ①時間的余裕があるのは?

 

時間的な余裕でいれば…
専業主婦ママの方が余裕がある!
と私は考えます。

 

兼業主婦だと、子供の保育園や、夫の出勤、自分自身の出勤前に朝やるべき家事を終わらせなければいけません。

 

その点、専業主婦であれば、1日の使い方は自分と子供の都合等を見ながらやれるので、時間的に余裕がある、やるべきことをやる時間の幅があるのは、専業主婦です。

 

もちろん!
専業主婦といっても、親の介護がある方など、金銭が発生する労働はしていなくても、時間的に縛られている方もいるので、全ての方が余裕があるとは言えません。

 

しかし!
そのような方を除けば、兼業主婦が家にいる時間と、専業主婦が家にいる時間が異なるのはまぎれもない事実なのです。

 

よって!
専業主婦vs.兼業主婦「時間余裕」があるのは専業主婦!

 

専業主婦ママvs.兼業主婦ママ②金銭的余裕があるのは?

 

つぎに「金銭的余裕」があるのはどちらか。

これについては、各家庭のバックグラウンドが違うため一概に言えないかな?と…。

 

だって!同じ専業主婦でも…
夫が1000万円プレイヤーで、かつ物価があまり高くない地域に住んでいて、借金ゼロなら、専業主婦でも余裕があると言えるけど…

 

一方で、子供を保育園に入れてパートをすると、むしろマイナスになってしまう人は、専業主婦せざるを得ない状況ですよね。

 

それで、夫の収入で生活するのがギリギリで貯金ゼロ!という方は、金銭的余裕があるとは言えません。

 

兼業主婦でも…
夫も自分も国家資格持ちで、夫婦ともに500万円以上プレイヤーなら、金銭的余裕がありそうですが…

 

夫の稼ぎがすずめの涙ほどしかなく、パートに出て、保育園代を差し引いてギリギリプラスという方は、同じ兼業主婦でも、金銭的余裕があるとは言い難いですよね?

 

よって!
私個人の見解として、専業主婦vs.兼業主婦「金銭的余裕」対決はドローとします!

 

スポンサーリンク

専業主婦ママvs.兼業主婦ママ③精神的余裕があるのは?

 

これは冒頭で述べた兼業主婦の方々の会話にあった
「専業主婦の方が余裕があるから、子供に余裕を持って接することができるでしょう」問題につながりますが…

 

たしかに!
専業主婦の方は、兼業主婦の方よりも時間的余裕があります。

 

朝自分の出勤時間までに
・子供のご飯を食べさせる
・保育園の準備をする
・洗濯物を干す
といったタスクを終わらせなくてはいけなりません。

 

子供は思い通りに動かない生き物なので、時間的余裕の無さが、精神的余裕を奪っていると言えばそうです。

 

しかし!
専業主婦は、専業主婦であるがために、子供と離れる時間がほぼありません。

兼業主婦の方は、仕事をする時は物理的に子供から離れます。
でも、専業主婦は子供のお世話を全て一人で1日中行わなければいけません。

 

それは時に、精神的に追い詰められることもあります。

 

子供の泣き声が耳から離れず、何をどうしても泣き止まなくても、自分一人しかいない。自分がどうにかしないといけない。
その状態が1日中です。

 

私自身は専業主婦ですが、子供の機嫌が悪い時は、本当に頭がどうにかなりそうになることもあります。
手を上げてしまいそうになることも正直あります。

 

私の友達には、兼業主婦ママとして働いている子もいて、その子は…
「日中離れているからこそ、家ではいっぱい抱っこしたいって思えるんだよね」
と言っていました。

 

カフェでの兼業主婦ママの言葉を借りれば、この子の方が私より「余裕を持って子供に接している」と思います。

 

それに!
精神的余裕の有無は、子供の性格や月齢、ママのキャパや、おじいちゃんおばあちゃんの協力の有無も関わってくると思います。

 

よって!
専業主婦vs.兼業主婦「精神的余裕」があるのは?対決もドローとします!

 

専業主婦ママもも兼業主婦ママも、余裕があるかは人による!

当たり前の結論になってしまいましたが…

時間的余裕は、専業主婦の方があるが、金銭的余裕や精神的余裕は、一人一人状況が違うので、一概に言えない!
というのが結論です。

 

だって!
ぱっと見で、子供に余裕を持って接することができる人ように見えている人も、もしかしたら家庭では、余裕なんてなく、必死に育児しているかもしれませんよね?

 

他人が子供に余裕を持って接しているように見えるのは、余裕を持って接している人を羨ましく思っているからであり…

 

ということは!逆を言えば
自分も余裕を持って子供と接したいと思っている証。
です!

 

そんな風に子供に対して思っているということが、余裕があるないに関わらず、子供にとって「素敵なママ」になれる要素を持っていると言えます!

 

結果的に、他の誰でもない我が子にとって「大好きなママ」でいられれば、それが一番なのではないかなと思います。

 

だから、専業主婦でも余裕のない私を、私自身はダメだと思わないようにしたい。
もちろん、余裕をもって接する努力はしていきたいと思いますが、そこにとらわれすぎないようにしたい。

そう考えることにしました。

 

同じような専業主婦ママも!
兼業主婦ママも!
日々の育児お疲れ様です。

 

余裕をもって子供に接することができない日があっても、自分を責めないように…

そんな日もある
そんな時もある

と共に割り切っていきましょう!!!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です