主婦に人気の「事務」仕事内容や役立つ資格、未経験でも採用されるには?

子供が生まれて、育児にも慣れてきて、さぁそろそろ仕事を探そうか…。

となった時に、主婦の方に人気が高いのは「受付」「事務」の仕事

土日休みで、17〜18時上がり、お盆や年末年始の休みがある。
そんな条件にぴったりだからです。

しかし!
主婦の皆さんに限らず、その条件を希望する人は多く、受付や事務の求人への応募は多数人になることも珍しいことではありません。

しかも!!
地方なら、働く場所が少ないので、なかなか希望の求人に巡り合ません。

だから!
数少ないチャンスをモノにするためには、事前準備が大切です。

今すぐ働けない!という人もいざという時が来た時のために、身につけておきたい知識や能力、その際に役に立つ資格についてご紹介します。

スポンサーリンク




主婦に人気!受付事務の仕事内容とは?

今までに受付や事務の仕事をしたことがない方は、なかなか想像がつかないところもあるかもしれません。

会社、企業によって詳しい仕事内容は異なりますが、主な仕事は以下の通りです。

  • 来客応対
  • 電話応対
  • データ入力
  • 業者対応
  • 書類作成
  • 資料配布準備
  • 他社員の補佐
  • 書類整理
  • 雑務

以上の仕事が受付事務の主な仕事内容です。

受付事務に必要な知識や能力は?

前章の受付事務の仕事内容の中でも、もっとも重要かつ、受付事務に必要な能力、知識は…

ずばり!
電話応対力です

もちろん、会社や業種によって使われる単語の違いはありますが、ベースとなる応対方法は共通する部分が多いです。

新卒採用者と中途採用者では求められるレベルが違います。

新卒では許される範囲のことも、中途では「あの人この歳になってまで敬語の使い方一つ知らないの?」と思われることも。

特に、会社の顔である「受付」「受付事務」と言う仕事に就きたい!と思う方は、敬語を含む「電話応対力」は持っておくべき能力・知識です。

スポンサーリンク

受付事務に必要な電話応対力とは?

例えばこんな時どうしますか?

あなたは会社の受付の仕事をしています。
社外から一本の電話がかかってきました。それは取引先のお客様からでした。

お客様は、電話口で何かおっしゃっていますが、あなたは内容が聞き取れませんでした。

さて、あなたはお客様に何と伝えますか?

正解は…
「恐れ入りますが、お電話が遠いようでございます。」
です。

(当たり前にできる人にとっては簡単すぎた問題もしれません。)

このような電話での応対に必要な力が「電話応対力」です。
それを自然にできることこそが、電話応対力が身についている状態と言えます。

専業主婦必見!受付事務に活かせる資格は?

電話応対力を身につけるために、役立つ資格の一つが「電話応対技能検定」です。

通称「もしもし検定」と言われるこの資格は、日本電信電話ユーザー協会というところが実施しています。

4級は筆記試験のみですが、3級〜指導者級は、検定側が定めた講習を修了することが受験資格として必要で、試験は筆記と実技両方の試験があります。

私は、実際に講習と試験を受けましたが、講習を受けるだけでも、様々な知識を学ぶことができました。

敬語やビジネスマナーだけでなく…
「どうしてその表現が失礼に当たるのか?」
「どう言えば、相手に正しく伝わるのか?」
などを、講習を通して講師の先生から、みっちり教えてもらうことができます。

私が講習を受けた際は、3日間講習がありましたので、子育てしている方、特に未就園児を育てている方は、どこかに預けなければなりません。

それが難しい方は、電話応対技能検定の本を読むだけでも、勉強になりますので、一度本を読んでみて、必要性に合わせて講習や試験にもチャレンジしてみてください。

受付事務必須能力!一度覚えた電話応対の知識を忘れない方法

ただ、知識を身につけても、仕事に就くまでに期間が空いてしまうと、忘れてしまいます。

忘れない方法としては、専業主婦の方でも出来る方法があります。

それは、例えば市役所や幼稚園などに電話をする機会を利用します。

自分が電話をかける時に、電話応対力を意識して電話します。

また、かかってきた電話を取る際も、相手の受け答えを自分の知識と照らし合わせることで、一度身についた知識を忘れないように反復練習することができます。

たったこれだけのことで?と思われるかもしれませんが、この「意識するかしないか」はとても大きなことです。

「あ!これ勉強したな」
「こういう時はこう答えるんだったな!」

など知識と実践を繋げておくと、いざ仕事に就いた時にも、活かすことができるでしょう。

実際、私は受付事務の仕事を2〜3年していた経験があり、その後専業主婦になり、仕事から2年以上離れています。

・・・が、基本的な知識は忘れていませんし、実際咄嗟の電話の時にも、当時のような応対ができていると自負しています。

(職業病が抜けていないのかもしれませんが…笑)

専業主婦だからこそ!受付事務に就きたいなら電話応対力を身につけるべし!

受付や事務の仕事は、なりたい人が多い=なかなか辞める人が少ないため、求人数そのものが少ないです。

その中で、子育てに合わせた条件を探すとなると、なかなか難しいというのが現実です。

それでも!
会社は有能な人を採用したいと考えるのが普通ですし、履歴書や面接で、それを見極めようとしています。

そんな時に!
あなたが自然とレベルの高い応対ができ、かつ履歴書に資格が書いてあれば…
「あ!この人は資格を取っただけじゃなくて、ちゃんと出来る人なんだ!」と思われることができます。

同じような条件なら、少しでも社員教育の時間が省ける=即戦力になってくれそうな人が採用されるのが現実。

いつ何時、希望の求人がきてもいいように、また多くのライバルたちと差をつけるためにも、今からスキルアップしておきましょう!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です