【必殺技】歯磨きを嫌がる2歳児が必ず磨かせてくれるようになる対処法




歯磨きを嫌がる2歳児に悪戦苦闘しているママパパ!

我が子もそれはそれは歯磨き拒否っ子でした。泣

歯磨きを見ただけで大泣きし、歯磨きを床に投げつけ、手足をバタバタさせて逃げ回る。
そんな我が子を最終的には、押さえつけて歯磨きする私。

まめま
ここまでして歯磨きする必要があるんだろうか・・・
と悩み、歯磨きをサボる日も正直ありました。

しかし!
そんな歯磨き拒否っ子の我が子が、自ら仰向けになりすみずみまで磨かせてくれるようになる技を見つけました!

もちろん、100%効果があるとは言えませんが・・・

  1. ごっこ遊びに興味を持ち始めた
  2. 好きな人形があるといったお子様には効果があるのではないかと思っています。

この記事では、歯磨き拒否っ子に効いた我が家の必殺技をお伝えしていきます。

スポンサーリンク




歯磨きを嫌がる2歳児に効果的な対処法

我が家で効果的だった歯磨き法のステップはたった2つ。
特別な物はなにも用意しなくても、お家にあるものでできる技です。

1.大好きな人形を用意

まず子どもが大好きな人形を用意します。

我が家では、こちらの人形を使います。

歯磨き 嫌がる 対処法

ご存知の方も多いと思いますが、ジブリ「千と千尋の神隠し」に出てくるネズミです。笑

まめま
我が家では、この人形に「チューチュー」と名前をつけています。

2.人形に歯ブラシを持たせて歯磨きする

歯磨きの時間になると、チューチューが歯ブラシを取りに行きます。
(・・・と言ってもちろん私自身が取りに行くんですけどね。笑)

歯ブラシを持ったチューチューがこう言います。
「〇〇くん(我が子の名前)、チューチューに歯を磨かせてくれないかい?」

歯磨き 嫌がる 対処法

すると我が子は100%仰向けになり、口を開けて待っています。

歯を磨くときも、チューチューが歯ブラシを持っているていで、ゴシゴシ磨きます。

歯磨き 嫌がる 対処法

磨いている間も「ゴシゴシ、よいしょ。〇〇くん、とってもきれいになってるよ!」と声をかけながら磨きます。
横から夫が「〇〇、すごいな!歯磨き上手!」といってヨイショします。笑

はい、たったこれだけです。笑

【まとめ】歯磨きを嫌がる2歳児には人形を使うと上手くいく場合がある

あくまで我が子の場合ではありますが、今のところとても効果的な技として、使っています。

この技を使いやすいのは・・・

  • お気に入りの人形やキャラクターがいる子
  • おままごとや電車ごっこなど「ごっこ遊び」「なりきり遊び」に興味を持ち始めた子だと、私自身は考えています。

イヤイヤ期真っ只中の2歳児相手だと、何をするにも一苦労。
どんな対処法も効かない場合も多々あります。

もし、まだこの「お人形に歯磨きさせる技」を試していないお家はぜひ一度やってみてください!

まめま
効果がありますように!

【追記】
我が家の歯磨き対処法以外に、いろんな対処法を試しているママブロガー「ふみさん」の記事も参考になると思います。ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク





1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です