お片づけを嫌がる2歳児には「なりきりごっこ」が効果的!




夜寝る前、家を出るとき、散らかったおもちゃを前に「お片づけしようか!」と声をかけても・・・

イヤーーーーーーーーーー!!(号泣)

なんてことありませんか?

我が家は毎日でした。泣

疲れ果てて、片付けないで寝ない日もありました。
しかし、片付けないと、翌朝遊びたいおもちゃがなくて我が子は号泣するし、夜中トイレに行く時にプラレールのおもちゃを踏んで思わず「痛ッ!!」と叫ぶことも・・・

片付けの週間をつけさせねば!と思い・・・

・説得する
・片付けたくなるまで待つ

などいろいろやってきましたが、説得するのも待つのもだんだんこちらがイライラしてしまい、最終的には強制お片づけで号泣!なんて日も。

しかし、最近になりとっっっっても効果的な方法を発見しました!

この記事では、我が家で効果があった「笑顔でお片づけする方法」をお伝えします。

スポンサーリンク




お片づけ嫌がる子には「なりきりごっこ」で対処

我が家で採用している方法は「なりきりごっこお片づけ」
以下、その方法を詳しく説明します。

1.おもちゃを片付ける箱を用意

まずはおもちゃ箱を用意。

我が家では現在プラレールが入っていた箱にレールをしまうルールになっています。

まめま
ただ、紙のは箱なのでそろそろボロボロに。
こんな感じの椅子にもなるおもちゃ箱も検討中

2.働く車やロボットになりきっておもちゃ箱にイン

箱を用意したら、声掛けをします。
ただし、普通に「片付けるよ!」と言っても聞いてくれないので、声のかけ方に注意します。

まめま
〇〇(我が子の名前)~ショベルカーごっこしよう!ウィーンガシャ、ウイーン
と、ショベルカーになりきって、腕をショベルカーのように動かしながら、箱におもちゃを入れていきます

すると、その楽しそうな雰囲気につられて、我が子をショベルカーの真似をしながら、箱におもちゃを片付けていきます。

これで、お片づけ完了です。

【まとめ】たのしくお片づけする雰囲気作りが大事

我が家は、今ショベルカーになりきってますが、クレーン車でもロボットでもOK

ポイントは「お片づけも遊びの一種にしてしまう」ことと「ママパパの心の余裕」です。笑

正直、疲れているときは、素早く片付けたいです。
ごっこあそびが面倒な日もあります。

でも、楽しく笑顔でお片づけすると、そのあとの外出もスムーズだったり、寝かしつけもすんなりいくことが多いです。

ぱっと無理やり片付けたくなる時は「このごっこ遊びが後々のイライラをなくしてくれる」と呪文のように唱えながら辛抱強くやりましょう。笑

まめま
お片づけを嫌がるお家で、ぜひ一度試してみてください!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です