私が子育て支援センターに行かなくなった理由




以前、支援センターを利用した感想を記事にまとめてご紹介しました。

赤ちゃんとお出かけ!おすすめは子育て支援センター

2019-02-16

しかし!1歳を過ぎてからは、全く利用していません。

7〜8ヶ月から足が遠のき、1歳過ぎた頃からは全く行かなくなりました。

地域の支援センターは、土曜日も開いている時があるので、私が家事に忙しい時に、夫が連れて行ってくれることはあります。

しかし!平日私と我が子で利用する回数はほぼゼロになりました。

あんなに楽しかった支援センターへ行かなくなったのには、いくつかの理由があります。

スポンサーリンク




子育て支援センターに行かなくなった理由①他の子との比較

子育て支援センターを利用しなくなった1番の理由がこれ。
他の子と比較してしまうから

7〜8ヶ月も過ぎれば、ハイハイできる子、お座りできる子、マグを上手に使える子など、その成長度のバラつきが広がっていきます。

他の子を見ては「あの子はもうこんなに出来ている」「なのにうちの子は…」と思ってしまうんです。

私自身、比べたくはありません。世界一可愛い我が子です。成長が早かろうが遅かろうが、可愛いです。

比べても仕方のないことだということも、百も承知です。

 

でも同じ月齢の子ができることができなかったら…それも、できる子の方が多かったら…

どうしても不安に思ってしまうし、自分の育児が間違っているのかと塞ぎこんでしまっていたのです。

子育て支援センターに行かなくなった理由②自分と他人の比較

比べてしまうのは、子供の成長度だけではありません。

「あっちのママは、赤ちゃんのあやし方が上手だな」
「あちらのママは、子供2人もいるのに、オシャレだし、お化粧もバッチリだな」

なんて、自分自身と他のママを比べてしまうのです。

比べたところで、子供一人一人が違うのだから、育児に対する余裕も違うでしょうし、サポートしてもらえる人がそばにいるかいないかも、分かってくるでしょう。

家にいれば、比べることなく「私は私」でいられるのに、比べる対象がいるからこそ、どうしても人と自分を比べては落ち込んでしまい、支援センターへの足が遠のいていきました。

スポンサーリンク

子育て支援センターに行かなくなった理由③コミュニケーション

支援センターに行っても、積極的に話しかけられなかったり、話しかけるタイミングを探していたら、そのママが帰ってしまったり…ということが続き、人とコミュニケーションを取ることがだんだん怖くなってしまいました。

産前産後から、家族以外の他人と会うことがめっきり無くなり、人と話すことが下手になってしまったのです。

一度尻込みしてしまうと、なかなか一歩が踏み出せず、行けない理由を自分の中で挙げることで、自分を正当化していました。

子育て支援センターに行かなくなった理由④お友達を傷つける危険性

それでも、1歳前まではぼちぼち利用していましたが、1歳ごろから行かなくなったのには、また別の理由があります。

それは、我が子が少しヤンチャすぎることが原因でした。

1歳過ぎの我が子は、とにかく手に持ったものを片っ端から投げてしまっていました。

今までは、大人しく遊んでいるのを、他のママと見ながら、お話しすることがたまにありましたが、一瞬一秒たりとも目が離せず、いつも怒ってばっかり。

家の中であれば、投げてはいけないものをしまうことできますし、誰かを傷つけてしまうことはありません。

そんな風に閉鎖的にすることが良いとは言いません。でも、外に出ると気疲れして、怒ってばっかりになってしまう。そんな日々に疲れてしまったのです。

子育て支援センターをもう一度利用してみよう!

それでも、1歳5ヶ月の現在、また再び子育て支援センターを利用してみようと前向きに思うようになりました。

それは、ある土曜日のこと。夫が我が子を支援センターに連れて行ってくれるというので、その土曜日は私もついていくことにしました。

一度足が遠のくと、何やら怖い場所のように思ってしまっていましたが、行ってみれば何のことありませんでした。

夫と一緒に行ったことで、我が子の様子を2人で見られたことも大きかったと思いますが、支援センターで遊ぶ我が子を温かい目で見ていられる自分に気がつきました。

また!我が子も、何でもかんでも物を投げることは減りましたし、言えば聞いてくれることも増えてきたことも、支援センターでのストレスが減った要因だと思います。

成長度のバラつきも、1歳をすぎると本当に一人一人違います。私自身、やっとそのことに本当の意味で気付けて、周りと自分を比較することが減りました。

最近は、土曜日に家族3人で支援センターを利用して、同じ夫婦で連れてきている方とお話しすることも増えました。

まだまだ「ママ友」と呼べる存在はいませんが、支援センターで楽しく遊ぶ我が子の姿を見ていると、利用して良かったと思えます。

今後は、我が子も1歳5ヶ月となり、他人の存在をだんだん知っていく歳になってきたので、公園も含め、子育て支援センターなどで「お友達との交流」ができる環境を作って行ってあげたいと感じています。

ただ!子育て支援センターは、利用しなければいけないものではありません。

お家でお母さんと一緒に遊ぶことが楽しい子もいるし、公園など外遊びの方が好きな子、1人で遊びたい子もいます。

「家の中で閉鎖的に遊んでばかりで、性格に影響しないか?」など、不安なこともあるかもしれませんが…

個人的には!ママが楽しいと、子供も嬉しい。ママが苦痛に感じているのは、子供に伝わる!と思っています。

なので!「子供のために仕方なく」利用するといったことであれば、それは行かない方がマシです。

子育て支援センターを利用する最大のメリットとは…

  • たくさんのおもちゃがあって、子供は楽しいこと。
  • 話を聞いてくれる大人がいることで、ママも救われること。

だと私個人は思っているので、ママが行きたいと思える時に行く、行きたくない時は無理して行かない。

それで良いんです。

ママも子供も楽しめて、初めて利用価値がある。

だから!「ちょっと今日子育て支援センターに行ってみようかな」と思った時に、利用する。

我が家ではそうやって、上手く支援センターを利用していこうと考えています。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です