育児のストレス解消法は「好きなものに囲まれる場所に行く」コト!




育児のストレス解消法に関しては、いろんな人がいろんな解消法をおすすめしています。

温泉に行く
マッサージを受ける
好きな音楽を聴く
など、いろんなストレス解消法がありますよね?

私のおすすめの育児ストレス発散法は・・・好きなものに囲まれる場所に行くこと!

この記事では

・なぜ、好きなものに囲まれる場所に行くことが、育児のストレス発散になるのか?

 

・育児のストレス解消のために、私が行く場所

・好きなものに囲まれる場所の設定ポイント

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク




好きなものに囲まれる場所に行く=感情がプラスで埋め尽くされる

なぜ、育児のストレス解消に「好きなものに囲まれ場所に行く」のが良いのか?

答えは「感情がプラスで埋め尽くされるから」

ストレスは負の感情です。育児をして感じるストレスは・・・
1.自由がない
2.好きなことができない
3.一人になる時間がない

ことが主な原因です。

ポイントは「〇〇ない」
ストレスはできない、やれない、欲しいものが手に入らないことで、どんどんストレスが雪だるま式に増えていきます。

でも、好きなものに囲まれている時はどうでしょう?
可愛い、きれい、好き、癒される、テンションが上がる
そんなプラスの感情で心が埋め尽くされませんか?

育児のストレスの場合、ストレスの根源をないものにはできないことがほとんど。

せめて感情がプラスになる場所があれば、いつでもそこに行けば前向きな良い感情が生まれてくると自分自身が知っていれば、ストレス解消にとても効果があります。

あと!
なぜ「好きな場所」ではなく「好きなものに囲まれる場所」としたか。

それは「好きな場所」だと限定されてしまうから。

お気に入りのカフェが遠ければ、なかなか行けないかもしれない。そうなると気軽にストレス発散できるとは言えません。

その点、例えば「コーヒーを味わえる場所」ならいけるカフェの選択肢が増えます。

ポイント
「好きな場所」ではなく「好きなものに囲まれる場所」をストレス発散の場として選ぶこと。

 

私の「好きなものに囲まれる場所」は本屋!

私は、本が大好きです。紙の匂いや、色とりどりの表紙、魅力的なタイトル。
本に囲まれるだけで、心がおどりワクワクします!

好きなもの=本なので、好きなものに囲まれる場所は本屋だけではありません。
図書館、自分の本棚の前、ブックカフェや中古書店。
本がたくさんあればあるほど、その空間は私にとってワクワクする場所になります。

ちなみに、今までに訪れた本屋さんの中では・・・

恵文社一乗寺店(京都)
ブックスキューブリック箱崎店(福岡)
福岡天狼院(福岡)
橙書店(熊本)
ON READING(名古屋)

がお気に入り。
空間も心地の良いし、何より「あ!この本棚は私のために作られたんだわ」と勘違いしそうになる場所が必ずあるところが本当に大好き。

(個人的には本屋B&Bに早く行きたい!)

何時間でもその空間にいられる、むしろ時間の感覚が体からも頭からもなくなる。
心地よくて、大好きな本があって、時間も忘れられる場所です。

あとは、図書館でいえば、一番お気に入りなのは高校時代の学校の図書館。
個性的な図書館なので、外観をいうと出身校がばれてしまうので言いませんが(笑)どの席に座っても本の世界に没頭できます。

高校の図書館に今さら入ることはできませんが、どうにもこうにもストレスで死にそうになると、好きなものに囲まれに、本屋や図書館にいきます。

どうしても時間がない時は、自宅の自分の本棚の前で、好きな本を眺めます。
不思議なことに、それだけで気持ちが上がってくるんです。

スポンサーリンク

好きなものに囲まれる場所の設定ポイント

悩める人
じょあ、私の「好きなものに囲まれる場所」ってどこかな?
と考え始める前に、いくつかポイントがあります。

1.囲まれているだけで幸せを感じるか?

例えば、あなたは大好きなブランドの服屋さんを「好きなものに囲まれる場所」にしようとしています。

でもちょっと待ってください!
その服が買えなくても幸せだと思えますか?

育児中はお金がなかったり、授乳口がある服しか着られなかったり、走り回る我が子を追うためにスニーカーを履かないと行けなかったりと、服装に制限がかかりがち。

欲しいのに手に入らない!と思うことは、ストレスにつながります。
ポイントは好きなものに囲まれる「だけでも」幸せを感じられるか。

私は、もちろん本は買えればより良いですが、囲まれているだけでも、自分の周りの負のオーラがなくなるので、本屋さんが「好きなものに囲まれる場所」になっています。

 

2.近くにあるか?

例えば、大好きなアーティストのライブ会場が「好きなものに囲まれる場所」だとしましょう。

でも、そのライブ月に何回もありますか?

その人その人のキャパにもよりますが、育児のストレスが自分の心を埋め尽くしてしまうのは、結構な頻度です。

月に一回しか、好きなものに囲まれる場所があらわれないとなると、ライブまでの時間が長く、より育児している1日が長く感じてしまいストレスに。

年に一回でもライブに行けること、1年間ライブの準備をしていくことが幸せと感じられる方はとめません。

できれば、車や電車、バスで行ける範囲に「好きなものに囲まれる場所」があるのがおすすめ。

3.ネガティヴな人に出会わないか

好きなものに囲まれて幸せを感じに行っているはずなのに、嫌な人、ネガティヴでこっちに負の感情を流してくる人がいる場所はあまりオススメできまません。

例えば、私にとって「Twitter」は優しいフォロワーに囲まれて、一見すると幸せ場所です。

でもTwitter上には、心無いことを言う人もいます。しかもそんな心無いことを言ったり、誰かを攻撃している人に簡単に出会ってしまいます。

また、人の幸せを喜べない時はあまりTwitterの幸せ報告も見ることができません。

その点本屋は、店員さんにいちゃもんつけているお客さんに出会わない限り、それぞれが本だけに集中していて、他人に対して攻撃的な人はいません。いたら不審者です。

だから、Twitterのつながり、SNSのつながりももちろん大切にしたいんですけど、好きなものに囲まれる場所となると、TwitterをふくむSNSはあまりオススメしません。

アンチも攻撃的な人もいない空間にSNSがなっているのなら「好きな人に囲まれる場所」として心のよりどころにするのはOKです。

育児のストレス解消法!おすすめは「好きなものに囲まれる場所」を決めておくこと!

私は今、1歳半を保育園ではなく自宅で育児しています。
このご時世で、専業主婦ができるのは、夫が外で稼いできてくれるおかげ・・・

だけど!だけどよ!
保育園は待機児童でいっぱい。フルタイム優先とか言われて、フルタイムの仕事応募したら「小さなお子さんがいると病気とか・・・」「2人目も考えていらっしゃるんじゃ・・・」とかで面接以前の問題。

認可外も、田舎はもともと場所が少なすぎる。はい積んだ。詰みました。専業主婦するしかねぇんですよ!

保育園作れー!!保育士の給料あげろーーー!!

・・・と言いたいことが途中から変わってしまった。笑

 

専業主婦で自宅で一歳半の育児って、想像の70倍辛かったんです。はい。
本当に毎日が長くて、辛い。時々と言わず毎日発狂しそうになってます。泣

そんな時は、上記で述べた通り、本屋に行きます。子どもは旦那にほぃっ。
日々新しい本が棚に並ぶその様子を見ているだけで、ご飯何杯も食べられそう・・・(ちょっと怖い?笑)

本屋に行った後は、よしまた頑張りますか!と思えるから不思議。

だから、あなたも1つで良いから「好きなものに囲まれる場所」を作っておきましょう。

ポイントは以下のような場所を選ぶコト。

1.「好きな場所」じゃなくて「好きなものに囲まれる場所」
2.囲まれるだけで幸せを感じる場所
3.身近にある場所
4.ネガティヴな人がいない場所(自分に攻撃してこないという意味で)

ストレス解消の駆け込み寺はたくさんあるに越したことはありません。
たまには、好きなものに囲まれにいきませんか?

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まめま

20代後半、真面目だけど超絶面倒くさがりママ、略して「まめま」です。 1歳ヤンチャboy、俺様旦那、ぶちゃカワ犬との4人暮らし。 日々、妊娠や出産、育児に関する悩みについて調べたり、経験したことを綴っています。