育児の毎日で「今日は楽だったな」と思う日と「マジしんどかった」って思う日の違い




1日を終えて、その日を頭の中で振り返ったときに・・・

「今日は比較的何事もスムーズだったし、あんまりイライラしなかったな」という日と

「今日はマジでしんどかった。ずっとグズグズだったなー。あーイライラしたぁー。」
という日があります。

毎日毎日同じ毎日のようで、ちょっとずつ違う。

この記事では

・育児が楽だと感じた日と、マジでしんど買った日の1日のスケジュールを比較

・スケジュール比較からわかる、楽だと感じた日としんどかった日の特徴

・毎日を楽だと感じる日にするためにできること

をまとめてみました。

 

スポンサーリンク




育児が楽だと感じた1日のスケジュール

8:00 起床

朝のEテレを大人しく見る、その間に朝の家事を済ませる

朝食[自分で上手に座って食べる、完食]

一人遊びをする、ママと遊ぶ

お昼寝(1時間半〜2時間)

昼食(座って完食)

ママと遊ぶ(何がしたいか明確に伝わるので、イライラしない)

16:00 いないいないばぁを大人しく見る、その間に夕飯の仕込みを終わらせる、その後ママと遊ぶ

18:30 夫の帰宅を待って、家族みんなで散歩に行く

散歩後、家族みんなでお風呂に入る

お風呂から上がって、夫が子どもと遊んでいる間に夕飯の仕上げを作る

みんなで夕飯を食べる(座って完食)

夫が、子どもと遊んでいる間に、夕飯の片付けや寝る準備をする

21:00 寝かしつけ完了、その後ブログの作業を行い、就寝

 

育児がマジでしんどいと感じた1日のスケジュール

6:30 起床[いつもより早い]

朝からグズグズで、洗濯物も朝ごはん作りも進まない。イライラ。

10:00 昼寝

10:30 昼寝から起きる[いつもより寝る時間が短い]

何か分からないけど、ずっとグズグズ言ってる。何をしても解決しない。イライラ

12:00 昼食(1時間かけても全然食べない、座らない)

〜16:00 いないいないばぁが始まって夕飯作りにキッチンに行こうとするけど、グズグズ泣き泣き。イライラ。

18:00〜18:20 散歩に行くも、ベビーカーから降りたい、公園から出たくない、帰りたくない、歩きたくないのオンパレード。イライラ。

散歩から帰ってきてから大好きなお風呂、大好き過ぎてなかなか上がらない、無理にあげると泣く。イライラ。

夕飯作りの続き、後追いで泣く。イライラ。

なんとか夕飯を食べながら、我が子にも食べさせる。

いつもは18:30ごろ夫帰宅だが、残業で20:30帰宅

そろそろ寝かしつけというタイミング
での夫帰宅で興奮と眠たさでグズグズ

22:30 夜の寝かしつけが上手くいかず、やっと寝かしつけ完了

 

 

スポンサーリンク

育児が楽だと感じた日としんどいと思った日の特徴

育児がマジでしんどいと感じた日の特徴
・一日中グズグズ言ってる
・1人になる時間が皆無
・何をしてもグズグズが解決しない
・ワンオペの時間が長い
・ご飯を食べないとか、座らないとかイライラ案件が多い

 

育児が楽だと感じた日の特徴
・グズグズがない、あっても少ない
・グズグズ言っても理由が分かれば対処できる
・ママの言うことを素直に聞いてくれる
・1人遊びやテレビを見る時間が一定時間あると、家事が進む(やるべきこと、やりたいことが完遂できる)
・イライラ案件が少ない

 

毎日の育児をちょっと楽に感じるためにできること

寝起きがいい状態で起こす

寝起きが1日の機嫌を決めると言っても過言ではありません。

無理に起こすと、めちゃくちゃ機嫌が悪くなる我が子。
一番のベストは乳を飲みながら、大好きなEテレの音で起きること。

乳をやりながら、布団の横にチャンネルを置いて、そっとテレビをつける。
すると、テレビに気を取られて乳解放。

そのまま、ママはキッチンへ行き、朝食を準備すると言う流れがスムーズに行えます。

 

機嫌がいい状態を保つ

ご機嫌取りをするというわけではありません。

見たいテレビが終わってしまったり、遊びたいおもちゃが手元にないときに、ママがそばにいないと、最初はテレビやおもちゃを求めていたのに、ママがいない!というグズグズや泣きに変わってしまいます。

そうなると、そばにいないといけなくて、家事はもちろん、トイレにも行けなくてなります。

そのため、何か別室で家事をしていても、テレビが終わる前には、我が子の元に戻り、好きなアニメを流す。我が子の近くに、おもちゃを置いておく。

先回り先回りして対策をとっておけば、機嫌が良い状態をキープできます。

イライラを沈静化させる努力をする

それでも、機嫌が悪くなることはあります。

我が子は1歳半。まだまだ話せないので、何を言っているのか分からないけど、グズグズ言っているとイライラします。

そんな時は自分の中のイライラを沈静化させる努力をします。

心の中で「本人は何か伝えたいんだ。大丈夫、ゆっくり聞いてあげよう。」と唱えたり、我が子をぎゅっと抱きしめあげたり。

イライラがイライラを呼び、イライラに拍車をかけると悪循環なので、まずはイライラの連鎖を断ち切るよう努力します。

たまには、やらないといけないことを放棄する

育児のイライラの中で「やっていることをと途中で中断される」のはかなり上位に入ると私は思っています。

しかも、自分のやりたいことじゃなくて、やらないといけないからやってるのに!中断される。

イライラしますよね?

だけど、それ本当に今すぐ!やらないといけないですか?

中断されて、我が子に呼ばれてたら、そのタイミングでとりあえず我が子のもとへ。

そして、我が子の要望を叶えたあとで、中断していたことをやる。

もし、中断されたくなくて家事や、やるべきことを優先すると・・・

呼んでもこないから泣く

泣いてもこないからもっと泣く

今更来られても、なんで泣いてるか分からず泣く

の悪循環。笑

中断したり、放棄しても良いものは、後回しにしたり、後日に回してしまった方が結果イライラもなくスムーズに進む場合もあります。

 

ちょっとしたことが毎日の育児をすこーし楽にしてくれる・・・かも?

テレビやおもちゃに頼りすぎたり、一日中1人で遊ばせて相手をしない!

・・・というのはさすがにちょっと「うーん?それってどうかな?」と思います。

でも、テレビを見て覚えた言葉や、できるようなった動きがあったり、1人遊びで集中力を養えることは事実。

ママ1人で何もかもできるわけじゃないので、いろんな道具や、ちょっとした対策を使えば、育児をちょっと楽にできることもあると思います。

理由もなくグズグズ言っている日は、とくにしんどくて、もうママなんてやめだやめだーー!!!となる日もありますけどね。笑

しんどい日も楽だと感じた日も、ママが育児していることに変わりはないし、そんなママには「頑張ってるね、お疲れ様!」って言いたい。(私も言ってもらいたいw)

あなたも、育児を楽だと感じた日とマジでしんどかった日を比べてみてください。

「こんなことしたらちょっと楽かもしれない」というあなたなりの対策が見つかるかもしれませんよ?

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です