結婚前に同棲する派?しない派?それぞれのメリットとデメリット




夫婦になって数年が経過し、子宝にも恵まれて、一般的なところでいうと「リア充」と呼ばれるであろう我が家にも、現在に至るまで、たくさんの紆余曲折がありました。

付き合っていた頃から、夫婦になり、それぞれが母親父親になった現在までの中で、もっとも喧嘩などぶつかった時期は「同棲中」だったと記憶しています。

そんな我が家の「結婚前の同棲体験談」を踏まえ、結婚前の同棲についてお話したいと思います。

スポンサーリンク




結婚前の同棲は「アリ派」

結婚前の同棲について、私も夫も「同棲はした方が良い派」でした。

理由としては…

・一緒に住んでみないと分からないところがあるかもしれないから。
・結婚してから致命的な違いがあっても、なかなか簡単に離婚できないから。

要は「お試し期間がいるんじゃない?」ということ。

 

県外に就職した夫の後を、当時の仕事を退職し、数ヶ月後に追いかけて、同棲生活を始めました。

結婚前の同棲中に起きたトラブル

今や細かすぎて全ては思い出せないようなことも、当時はよく衝突しました。
思い出せる範囲としては以下のようなエピソードがおりました。

・夫は夜はお風呂に入らない&朝風呂派。私は夜入る派。1日の汚れを落とさずに同じベッドで寝ることが苦痛で何度も改善を求めて喧嘩。

・私は鍋が大好きで、夫はそんなに好きではない。冬になると私が週に1〜2回は鍋をするので、夫からクレーム。

・私はトイレットペーパーを替えるといつも芯をトイレに忘れてしまうので、夫からの度重なる指摘&注意あり。

・1週間の食事を大体考えながら買い物してきているにも関わらず、夫が勝手にお弁当用の食材を食べてしまうことで喧嘩。

・夫が、毎週末飲みに行き、朝帰りすることで喧嘩。(特にこの件は、本当に何度も何度も何度も何度も喧嘩しました。)

多分思い出そうとしたら、もっと出てくると思いますが、付き合っていた数年間の喧嘩の数を、同棲中の数ヶ月で越えるほどぶつかりました。

特に、生活リズムや習慣については、今までの人生で当たり前だと思っていたことや、無意識に行なっていたことも多々ありましたので、夫から指摘されるたびに「そうか。これは普通じゃないのか。」と思うこともありました。

そりゃそうですよね。
20数年間、それぞれ別の親に育てられてきたわけですから。

その生まれ育った環境の差を、時に妥協しながら擦り合わせていく作業を行うのが、結婚前の同棲生活で一番大切なことだと考えます。

スポンサーリンク

結婚前の同棲〜メリット&デメリット〜

では!!
結婚前の同棲には、具体的にどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか。

【メリット】
・結婚後の生活がイメージしやすい
・一緒に住んでみて本当に合わないなら別れる!ということも結婚する前だと選択肢に入れやすい

【デメリット】
・入籍や挙式の時期を明確にしてから始めないと、だらだらと同棲を続けてしまう場合がある。
・同棲した結果、結婚に至らず別れてしまうかもしれない。

 

結婚にはある種の「勢い」や「タイミング」が必要な場合もあります。
それが同棲することで、勢いやタイミングを失い、事実婚のような状況になる危険性があります。

 

こうなると、リスクが高いのは女性の方。

いずれは結婚…と思って同棲し続けた結果、彼氏がなかなか結婚に踏み切ってくれず婚期を逃す。

そうなると、子供を産む年齢などを考えた時に、女性の方が先にリミットが来てしまうからです。

 

メリットばかりではない結婚前の同棲生活。デメリットも知った上で決めるべきです。

 

結婚前の同棲は期間を決める

私たち夫婦は、同棲期間を半年と決め、半年後に入籍することを目標とし、同棲期間を設けました。

 

それは、それぞれの両親にも伝えることで、安心してもらう狙いもありました。

 

特に私自身が、仕事を辞めて地元を離れてまで同棲するという道を選んだので…

 

親としては
「それでだらだらと同棲期間が延びたり、別れてしまったら…」
と私の身を案じ、不安に思っていたようでした。

 

同棲前に、夫は私の親に挨拶をし、期間を決めて同棲すること、その先には結婚があることを伝えてくれました。

 

 

結果として、同棲から半年で入籍。

 

やはり赤の他人同士が共に生活するということを、結婚前に経験できたこと、何度も喧嘩しながらも助け合いながら生活できたことは、お互いにとってプラスであったと思っています。

 

もし、結婚前に同棲するか悩んでいる方は、期間を決めて同棲してみることをオススメします。

 

(もしかしたら、絶対に相容れない違いを発見することになるかもしれませんが、結婚してしまってから知るよりは良いのではないかと、個人的には思います。)

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です