離乳食を食べない!育児書には載ってないけど、食べるようになる対処法5選!

離乳食が始まって数ヶ月した頃。
ある問題に直面しました。

 

それは…
「離乳食を食べない!」

 

厳密に言うと!我が子の場合、全く食べないと言うことはないのですが
・一口二口程度しか食べない
・規定量食べない
という状態でした。

 

離乳食中期にそんな時期がありましたが、さまざまな対策を取り、やっと食べるようになりました。

 

しかし!
離乳食も始まって、もう何カ月もたつのに…

 

生後10ヶ月にして、またしてもこの「離乳食食べない問題」に直面しました。

 

私も夫も比較的食べる方でしたから、何で食べないのか、何がいけないのか、全く分かりませんでした。

 

ネットや育児書を漁っていろんなことを試しました。
・離乳食の固さを変える
・離乳食の食材の大きさを変える
・離乳食の味を変える
・レトルトの離乳食にしてみる
・手作りの離乳食を食べさせる

 

えぇ。全てやりました。

でも、食べない時は全く食べませんでした。

 

それでも、何とか食べる方法はないかと考えて、少しでも改善が見られた方法がいくつかあります。

その方法は

  • スプーンであげずに箸を使う
  • 大人と同じ硬さのご飯をあげる
  • おにぎりにチェンジする
  • 温め直す 
  • 食前に水分を取らせる

の5つ。

 

今回は、この「離乳食後期の食べない問題」を解決した我が家の方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク




離乳食食べない!対処法①スプーンではなく箸であげる

毎日毎日スプーンで食べさせられるのが嫌になったのか、断固としてスプーンから食べなくなったことがありました。

 

どうしても、ママやパパと同じように食べたい!という思いだったんでしょうね。

 

同じおかずでも、箸を使って食べさせると、食べたんです。

 

とろみのあるものなんかは、あげにくいこと、この上なかったですが、それでも食べるなら…と夫婦で苦労しながら食べさせてました。

 

離乳食食べない!対処法②大人と同じ白いご飯をあげる

お粥のベタベタ感が嫌だったのか、全く口を開かないように。

 

腹が立って、やけくそで「これでも食っとけ」で大人と同じかたさで炊いたご飯をあげたら、食べる食べる。

 

生後10ヶ月で大人の同じ硬さの白いご飯をあげてOK!なんてことは育児書には書いていません。

 

それでも、我が子は食べました。

 

しかも、それまで丸呑みしていたご飯。それを噛むようになったんです。
お粥よりも、ご飯の甘みが出て、食べてて美味しかったんだと、ママは勝手に思ってます。

 

スポンサーリンク

離乳食食べない!対処法③おにぎりにチェンジ

これは少し時が進んで生後11ヶ月頃。

白ごはんに飽きてきた&手づかみで食べたい欲が出てきた際に活躍したのが、おにぎり。

 

子供の一口大の大きさに米粒をまとめて、海苔でサンド。
それを手渡ししたら、自らモグモグ。

 

ちなみに、それまでは手づかみ食べメニューとして、野菜スティックや、おやきを渡しても一切食べてくれなかったのですが…

・皿を自分の方に持ってくる

・口に持って行ったスプーンや箸を、自分で持ちたがるようになった

等の動作が出てきたので、これはいけるのか?と思い、おにぎりを持たせてみた次第です。

 

離乳食食べない!対処法④温め直す

こちらは、離乳食中期の食べない時期にも行ってましたが、我が子はぬるい&冷たい!か大嫌いでした。

 

だから、食べてる時にしかめっ面になってきたら、ぬるくなってきた合図。

 

一度お皿を引き、レンジで温めなおします。
すると、継続して食べてくれることも多々ありました。

 

離乳食食べない!対処法⑤食事前に水を飲ませる

特に朝は、寝起きで食べさせると、寝ている間に汗をかいたり乾燥したりで、口の中の水分がないところに、いきなりご飯を入れられる。大人でも嫌ですよね。

 

そこで、ストローマグに少しだけお水を入れて口を潤してから、ご飯を食べさせると食べることも多々ありました。

 

我が子なりの「離乳食を食べない理由」がある

 

あくまでも我が家のやり方なので、解決されないお家もあるかもしれません。

 

ただ、一つ知っておいてほしかったのは、育児書に載っている「離乳食そのものをどうにかする方法」以外にも、できる対策があるということです。

 

こんなことで離乳食を食べるようになるのか?
と思うことが、私自身ありましたが、意外にも効果が得られました。

 

それは、きっと赤ちゃんや子供は、親が思っている以上に、変化が好きだったり、逆にこだわりがあったり、ちゃんとした「一人の人間」なんだなーということだと思います。

 

一つ一つは、本当に成果があるか、疑問に思う対策もあるでしょうが、ひとまずやってみてください。

 

悩める人
え?こんなんで離乳食食べるの?

と拍子抜けするかもしれません。

 

あとは・・・

悩める人
こんなところ変えても無駄よね

と思わず、いろんな対策をお家でも取ってみてください。

 

ネットや育児書のどこにも載っていないような方法で、食べる可能性もあります。

 

赤ちゃん、子供を毎日見ているのはママです。

 

ママが赤ちゃん、子供の様子をみて「こうしてみたらいいかもしれない」は、どんな育児書よりも、効果が出る可能性が高いということを、忘れずに!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です