赤ちゃんの顔のブツブツ「乳児湿疹」を治すには1日4回保湿せよ!




生まれたての赤ちゃんって肌がきれいですよね。
でも、我が子の場合、それは長くは続きませんでした。

顔や体じゅうにできた「乳児湿疹」のせいです。

乳児湿疹には、さまざなタイプがあり、薬を使っても正しい予防法を実践しなければ、繰り返す肌トラブルです。

我が子も生後まもなく、乳児湿疹が顔にポツポツとでき、あっという間に顔じゅうに広がっていきました。

薬を塗ると、治るのですが、また再発。かれこれ何ヶ月も繰り返す日々。

どうやったら、治るのか?
どうやったら、一度治った状態を保てるのか?

皮膚科の先生にアドバイスを受けながら、通うこと数ヶ月。
今では綺麗なもちもち肌に。

そこに至るまでの経験から、乳児湿疹を予防し、繰り返さないために必要な点を3つにまとめてみました。

スポンサーリンク




乳児湿疹を繰り返さない方法①1日4回保湿する

乳児湿疹 保湿

今から、いくつかの対策を挙げようと思いますが、実際問題はこの「保湿する」という対策が一番効果的だと思います。

汗をかくと、肌が濡れますよね。
それを放っておくと、乾いて乾燥する。

我が子の場合、その「汗で濡れて乾燥すること」が原因で乳児湿疹になっていたんです。

だから、できれば夏場は、汗をかいたタイミングで着替え+保湿。

我が家では、生後6ヶ月ごろちょうど夏の暑い時期を迎えていましたので…
・朝起きた時
・午前の昼寝から起きた時
・午後の昼寝から起きた時
・お風呂上がり

1日最低4回保湿剤を塗り、着替えさせていました。

汗をかいている時は、ガーゼでトントンと、拭いてあげます。
(大量に汗をかいて、ベタベタしたり、食べ物やウンチで、肌が汚れた場合はさっとシャワーを浴びせて保湿した方が良いです。)

冬でも、昼寝の後は、汗をかいていることが多いです。

その場合は、着替えるか、服が濡れてなければ着替えさせずに、脇や肘の内側、顎の下など、汗が溜まるところに保湿剤を塗ってあげると良いです。

保湿剤の塗り方としても、すこーしずつではなく、ママがお風呂あがりに化粧水や乳液を顔に塗るイメージで、たっぷり使ってあげてください。

乳児湿疹を繰り返さない方法②しっかり洗う

乳児湿疹 対策 お風呂 しっかり洗う

乳児湿疹ができていると、ついつい優しく洗ってしまいがちなのですが、それでは肌の汚れが落ち切らず、乳児湿疹を悪化させる原因に。

私自身、生後1〜2ヶ月沐浴時期には、初めての子ということもあり、赤ちゃんを洗う力加減が分かっていませんでした。

結果、全然汚れが落ちないので、乳児湿疹が良くならない!と皮膚科の先生からお叱りを受けることに。

産院ではガーゼで洗うような指導を受けていたので、乳児湿疹ができてからも、そのやり方でした。

しかし、ガーゼでふわふわ優しく!では全然汚れが落ちなかったのです。

ただ!
そうは言っても。
朝起きた時や、お昼寝から起きる度に、頻繁にお風呂に入れたり、ガーゼやタオルでゴシゴシ拭くのは逆効果。

肌に強い刺激が加わると、余計に肌にダメージを与えることに。

力加減が難しいですが「思ったよりもしっかり洗う」と覚えておいてください。

ちなみに、ベビー用石鹸を使っていたのですが、それも優しすぎて汚れが落ちない原因になってました。

以降、普通の石鹸をネットで泡立てて洗う方法で、しっかり洗っていました。

スポンサーリンク

乳児湿疹を繰り返さない方法③1枚少なめの服装

乳児湿疹 対策 服装

赤ちゃんは、大人よりも1枚、2枚少なくて全然OK。
室内にいて、なおかつ暖房を入れてるとかであれば、室内で凍死する訳じゃないんで。

我が子は特に汗っかきなのか、通常育児書に載っているような「短肌着+長肌着+洋服」なんて着せ方をしていては、汗だくに。

冬であっても、部屋がある程度温かいのであれば、綿100パーセントの洋服一枚。肌着はなし。
あとは、上からベストや羽織ものを着せていました。

よく子供の足や手が冷たくなっていると寒いのかなと、厚着させ過ぎちゃうママパパが多いですが、これも皮膚科小児科でNG食らいました。

子供が本当に寒い時は、唇が真っ青になるので、そうでなければ手足の温度はあまり気にしない方が良いのこと。

夏場は、ロンパース一枚で過ごしてました。出かける時も、半袖半ズボンのロンパース一枚のみで、肌着もなし。

冬のお出かけは、洋服の下に肌着一枚。
その上からダウンを着せていましたが、ショッピングモールなどを抱っこ紐で回る時は、ダウンは脱いでました。

タイツやマフラーなどは、つけたことがありません。
一人で歩けるようになって、抱っこ紐で動くことごなくなったら、身につけさせた方が良いかなとは思ってますが…。

乳児湿疹を繰り返さないために!保湿は1日3〜4回を目安に!

我が子は

・1日4回保湿する
・清潔にする
・1枚少ない服装

の対策を取ることで、繰り返す乳児湿疹の輪を止めることができました。

特に「保湿」に関しては…
・1日何回塗れば良いのか?
これが知りたいのに、どのサイトにも載っていなかったのです。

どのくらいの回数だと乳児湿疹を繰り返さない肌が保てるのか、試行錯誤を繰り返した結果…

我が子にとってのベストは

寝て起きた時と風呂上がりに保湿する

(朝起きた時、午前の昼寝から起きた時、午後の昼寝から起きた時、夜お風呂上がりの計4回)でした。

生まれた季節
月齢
乳児湿疹の程度

によって、保湿回数は変わるかもしれません。

一度1週間ほど試してみて、まだまだ繰り返すようなら、さらに保湿回数を増やしてあげる。
大丈夫そうなら、一回少なくして1週間様子を見る。

そんな風に、子供の肌の状態を見ながら、適切な保湿回数を見つけると、予防しやすくなります。

ちなみに、我が子は1歳頃には、お風呂上がりの一回のみの保湿で大丈夫になりました。

(大量に汗をかいた時は、ケースバイケースで、その都度保湿は必要でしたが、ベースはお風呂上がりの1回。)

それから!皮膚科に通っている赤ちゃんを見ていると、モコモコしすぎているように思います。

冬は特に、寒さから守らなくちゃ!と思いがちですが、大人よりも体温が高い赤ちゃんにとっては、大人が思っているより寒さを感じてない場合も。

室内との温度差も、真夏真冬は特にあるので、室内に入った際に脱ぎ着できる服装が良いですね。

乳児湿疹に悩むママ!
一日も早くどうにかしたいお気持ちは痛いほどわかります。

でも、できるケアをしっかりして、あとは焦らずゆっくり見守っていきましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です