【口コミ】フリージング離乳食のおすすめ本!正しい冷凍方法が分かる一冊はコレ!

離乳食が始まると、ゆでたり潰したり、裏ごししたりと、工程の多さにげっそりしますよね?
食事の時間毎に用意するのはちょっと大変!

そこでおすすめなのが「フリージング 」冷凍保存です!

でも、正しい冷凍保存の仕方を知っていないと・・・

  • 冷凍やけして食べられない
  • 解凍したら食材が硬くなってしまった

なんてことに。

冷凍保存の仕方はネットや本にたくさん載っていますが、一番おすすめは・・・
「フリージング 離乳食」
という本

この本のおすすめポイント
  • 食材別の冷凍方法が丸わかり
  • 月齢別の冷凍保存法が書いてあるので、分かりやすい
  • 斬新なメニューの数々
まめま
一つ一つの特徴についてご説明しますね。

 

スポンサーリンク




離乳食フリージングおすすめ本ポイント①食材別の冷凍方法が丸わかり

食材別に・・・
・どう下処理して
・どんな風に冷凍したら良いのか

がとっても分かりやすく説明されています。

しかも!
とり肉一つにしても、ささみやモモ肉、ムネ肉と部位によって下処理の仕方や冷凍保存の仕方を分けて説明さてあるんです。

野菜でも「これ冷凍できるの?」というものまで全部冷凍保存のやり方を教えてくれる1冊です。

 

離乳食フリージングおすすめ本ポイント②月齢別の冷凍保存法が分かりやすい

食材ごとに冷凍保存のやり方を教えてくれるんですけど、その食材の月齢ごとの硬さや量も分かりやすく載っているのが、この本のすごいところ!

例えば、白身魚一つにしても、ゴックン期はこんな調理で、こんな風に冷凍しましょう!

モグモグ期はこんな形で冷凍保存しましょう!

というのが、写真付きで一目でわかるようになっています。

この本一冊あれば、離乳食が終わるまで、冷凍保存のやり方に困ることはないですね!

 

スポンサーリンク

離乳食フリージングおすすめ本ポイント③冷凍法以外の斬新なメニュー紹介

冷凍保存のやり方を全て紹介してあるところがこの本の1番のポイントなんですけど、載っているメニューも他の本とはひと味違います。

例えば!
「ほうれんのバナナかけ」
なんてメニュー、普通じゃ思いつかないですよね?笑

でも、苦味のあるほうれん草を食べるのに甘いバナナをトッピングするのは、良い手です。

普通の大人の思考では思いつかない斬新なメニューが、多いのもこの本の特徴の一つです。

 

正しい冷凍保存法を知るには「フリージング 離乳食」の本がおすすめ

この「フリージング 離乳食」1冊あれば、離乳食の冷凍保存に関する知識や技はバッチリ把握できます!

離乳食は硬さ一つで食べる食べないに、大きく関わってくるので、正しい料理法や冷凍保存法を知っておくのは大切なことです。

>>>関連記事:離乳食を食べない原因は「硬さ」かもしれない!?

正しい離乳食の冷凍保存法を知って、毎日の離乳食タイムをより簡単に手軽に料理できるようにしましょう!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です