【写真画像付き】乳児湿疹が治るまで〜経過記録ブログ〜小児科よりも皮膚科がおすすめ!




このページに行き着いた方は、乳児湿疹にお困りのママパパではないでしょうか。

できては繰り返す乳児湿疹。
他の子のすべすべ肌を見ては、どうして我が子だけ….と落ち込む日々。

一進一退を繰り返し、ネットの情報に振り回される、何を信じればよいのか…。

お気持ち、お察しします!!!!

この記事では、我が子の乳児湿疹完治までの記録をお伝えします。

ここでは、あくまでも、我が子の経過報告を行なっており、〇〇したら絶対治る!というものではありません。

しかし、こういう例があるという体験談を一つ知ってもらい

悩める人
それなら、我が子もいつか治るのかもしれない

という皆さんの希望になれば!という思いで書いております。
ご参考までに、ご覧ください。

スポンサーリンク




【写真有り】乳児湿疹が治るまでの記録〜生後数日から生後2ヶ月ごろ〜

生後1ヶ月目の経過記録

ー入院中(生後3〜5日)
体にニキビのようなものができ始める

ー生後9日
右ほっぺにニキビのようなものが出来る

ー生後11日
左ほっぺにもできる

ー生後13日
左右のほっぺにできたぶつぶつの数が増えていく
乳児湿疹 経過 治る

ー生後16日
ほっぺ以外に、額や顎にもできる

ー生後23日
額や眉毛にカサカサのできものが出来る

ー生後25日
額や眉毛のカサカサがピークに
乳児湿疹 経過 治る

ー生後26日
額のカサカサが取れてくる

ー生後27日
眉毛のカサカサも取れてくる

ー生後29日
ニキビ系のぶつぶつが、顔全体に広がる
1ヶ月検診で乳児湿疹の診断。よくある範囲内ではあるとの事。

洗顔をママキッズから、キューピー石鹸に変えてみるが、肌がパリパリになったので、元に戻す。

生後2ヶ月目の経過記録

ー生後30日
耳がグジュグジュになってる
乳児湿疹 経過 治る

ー生後31日
肌の綺麗なところを探す方が難しいほど、顔中ブツブツ。(写真は無いが身体もブツブツだらけ。)

乳児湿疹 経過 治る乳児湿疹 経過 治る

ー生後33日
いたたまれなくなって、小児科を受診。
アボコード軟膏、ワセリンとアボコードを割ったもの、ヒルドイドローションを出される

・範囲の狭いところ→軟膏
・範囲が広いところ→ワセリン&アボコード
・乾燥しているところ→ヒルドイドローション

を塗るように言われる。

塗ってみる。すこーーし良くなった気もするけどまだまだ。

(この時の私は、薬や保湿剤の塗り方がちゃんとわかっていませんでした。)

ー生後34日
ブツブツの赤みは無くなる。
ブツブツ自体の数も少なくなる
乳児湿疹 経過 治る

ー生後35.36日
額のブツブツは無くなる
だが、ほっぺはまだまだ。

ー生後42日
ブツブツの数は全体的に少なくなったけど、ゼロにはならない。
出来ては治り、治っては出来るを繰り返し。

ー生後55日〜
ブツブツはほぼなくなる。
乳児湿疹 経過 治る

ここから生後3ヶ月すぎまでの1ヶ月間は、湿疹出ずキレイなスベスベお肌に。

しかし、3ヶ月過ぎから別のタイプの乳児湿疹が発症。
本当に長い戦いは、ここからでした。

【写真付き】乳児湿疹が治るまでの記録〜生後3ヶ月から1歳まで〜

生後3ヶ月目の経過記録

引越しなどでバタバタしていたが、やっと予防接種を打ち始めたんです。1ヶ月くらいスケジュールが押してましたけど。

その際に、先生が我が子の肌を見て一言。
「乳児湿疹出てますね。病院通ってますか?」

え?これも乳児湿疹なの??
乳児湿疹 経過 治る

乳児湿疹=ニキビのようなブツブツだと思っていたので、乳児湿疹だと思っていませんでした。

2ヶ月目までは、余分な皮脂が原因の乳児湿疹。3ヶ月目以降は乾燥が原因の乳児湿疹が出てるとのこと。

そこから近所の皮膚科に通い始める。
ヒルドイドローション、ロコイドを出される。

ロコイドを塗ると良くなるけど、またすぐ赤みのある湿疹ができる。
これの繰り返し。
乳児湿疹 経過 治る

助産院でステロイドやヒルドイドローションはやめて方が良いと言われ、漢方を混ぜたものも買う

使ってみるが、悪化したので使用をやめる

生後5ヶ月ごろの経過記録

皮膚科に通い始めて、1ヶ月。
全体的に湿疹は減ってきたものの、ヨダレの量が多く、口周りの湿疹がロコイドを塗っても塗っても治らないことを言うと、ワセリンでガードしようと言われる。

この頃はとても暑かったので、一日4回着替えさせ、その度に保湿。

  1. 朝起きてから
  2. 朝寝から起きて
  3. 昼寝から起きて
  4. 夜お風呂上がり

を繰り返していた。そうすると、症状が良くなっていきました。

関連記事>>>赤ちゃんの顔のブツブツ「乳児湿疹」を治すには1日4回保湿せよ!

生後6ヶ月ごろの経過記録

皮膚科に通い始めて2ヶ月。
ワセリンの効果で、口周りが荒れなくなる。

けど顔のところどころの赤みのある湿疹は治って出来てを繰り返し。

乳児湿疹 経過 治る

1日に4回着替えさせて、保湿していることを皮膚科の先生に言ったら、それで良いです。続けてください!と言われました。

そのときに、薬のなくなり具合から、つける量が足りてないのでは?という指摘を受けました。

その頃の私は、ステロイド剤に関して、ネットの怖い情報に振り回され、あまりつけない方がいいのではと思って、ほんの少量ずつしか使ってませんでした。

それが乳児湿疹が長引いた原因だったのです。
病院の先生に指摘されたのは
・保湿剤は続けていくこと
・ステロイド剤は湿疹に対して、適量塗ること
でした。

関連記事>>> 【皮膚科医に聞いた】乳児湿疹にステロイド | 危険性や正しい使い方

それから、湿疹の治り具合で、保湿する回数、着替えさせる回数を減らして行きました。

生後8ヶ月ごろの経過記録

湿疹は治ったが、首や、肘の内側、膝の内側など、関節部分にあせもが。

1歳ごろの経過記録

関節部分のあせもが、一進一退を繰り返していた1歳ごろ。

皮膚科では、アトピー気味との診断。
ただ、まだアトピーではないので

  • 汗をかいた時は、関節部分の汗を拭くこと
  • 拭いた後に保湿すること

を指示されました。

ステロイド剤が手放せませんが、始めの頃の乳児湿疹に比べれば、軽いものです。

外出時などは、なかなか保湿するタイミングを逃してしまったりで、汗疹が多くできてしまうこともありました。
(私の頑張り不足ですね…)

特に、チャイルドシートに乗って寝てしまった時など、首に汗が溜まりやすく、車移動が多い日は、汗疹のようなブツブツが。

でも、対策が分かっている分、前より気持ちは全然楽になりました。

いずれ、脱ステロイド!脱保湿!できれば良いですが、焦らず毎日のスキンケアを頑張っていきたいと思います。

脱ステロイド!脱保湿!の際には、またここでご報告しますね。

スポンサーリンク

【追記】乳児湿疹は完治!脱ステロイド達成!

あれから徐々に、汗をかいた時なども汗疹やブツブツができなくなった我が子。

1歳9ヶ月現在、ステロイドは全く使っていません。
乳児湿疹 経過 治る

やめてからの副作用等も、我が子の場合ありませんでした。

保湿に関しては、乾燥が酷い冬に顔などの皮膚が薄い所に塗るくらいです。

乳児湿疹が酷かった時期、続いた時期には治らないのかもしれない・・・と毎日落ち込んでいました。

しかし、医師の言う通りに薬を使う事で我が子の場合は治りました。

先生の指示がお子様に合わず、またステロイドの副作用に悩む方もいらっしゃると思います。

今回ご紹介したのは、あくまでも「我が子の場合」ではあります。

何がその子に合っているのか、誰の情報を信じたら良いのか、ネットで検索すればするほど分からなくなります。

我が子の場合は、我が子に合う先生に出会えたことが一番の救いであったと感じています。

以上の経験から、私自身は、薬の効果や塗り方、副作用についてしっかりと説明してくれる先生を見つけて、適切に対処することが大切だと考えます。

あなたのお子さんの乳児湿疹が、一日も早く治りますように。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です