赤ちゃん連れで犬の散歩のベストな方法は「ベビーカーにフック」




妊娠出産前から、犬を飼っているお家では、産後の犬のお散歩に困っている方が多いのではないでしょうか?

赤ちゃんを家に置いて散歩に行くのは絶対NGです。
かと言って、犬に散歩を我慢させるのも違う!!

悩める人
赤ちゃんと犬をどうやって散歩に連れ行ったら良いのか?

 

私も迷いました!!!
慣れない赤ちゃんを連れての散歩、どういう方法がベストなのだろうか??

生後2〜3ヶ月から、1歳過ぎの現在まで、その時その時の子供の成長に合わせて、犬との散歩のやり方を変えてきました。

 

この記事では、私が実際試した赤ちゃんと犬の散歩法

  1. 抱っこ紐で散歩
  2. ベビーカーに大型フックを付けて散歩

の2パターンに関して、試して感じたメリットデメリットをお伝えしていきます。

関連記事>>>赤ちゃんとの散歩!必要性?時間帯は?持ち物は?全てお答えします!

 

スポンサーリンク




赤ちゃん連れで犬の散歩する方法①抱っこ紐で散歩パターン

赤ちゃんと犬 散歩 抱っこ紐

以前、記事でもお話させていただいたことがあるのですが、生後間もない頃の我が子は、ベビーカー拒否っ子。

赤ちゃんと散歩!ベビーカー?それとも抱っこ紐?

2018-05-01

 

1歳頃までベビーカー拒否っ子だったので、生後2ヶ月から1歳頃までは、抱っこ紐で子供を抱っこして、犬の散歩に行っていました。

使っていた抱っこ紐はベビービョルン。

 

初めは対面抱っこで、ママの顔が見えるように、月齢が進んだら、前向き抱っこで、散歩している外の様子が見えるように抱っこしていました。

 

抱っこ紐は、赤ちゃんとママが一心同体のようなものなので、車が来た時に避ける時なども簡単というメリットがあります。

 

その一方で、犬のフンを取る際にしゃがみにくいというデメリットがあります。

また夏場は、赤ちゃんの身体とママの身体が密着するので、赤ちゃんのお腹や背中に汗疹が出来やすいという点も注意が必要です。

 

また、赤ちゃんが重たくなればなるほど、ママの負担は増えるので、散歩できる距離が短くなりがちです。

 

まめま
冬場はスリップなどにも注意が必要です。
抱っこ紐で散歩のメリット

・車や自転車を避ける時に、一心同体なので避けやすい

・赤ちゃんはママの触れ合いながら散歩できるので、安心感がある

抱っこ紐で散歩のデメリット

・しゃがむ時は抱っこ紐の中の赤ちゃんが落ちる危険性がある

・夏場は、ママと赤ちゃんが密着するので、汗疹に注意が必要

 

赤ちゃん連れで犬の散歩する方法②ベビーカーにフック付きパターン

赤ちゃんと犬の 散歩 ベビーカー

1歳頃から、ベビーカーに乗ってくれるようになってから、ベビーカーでのお散歩にシフトチェンジ。

 

我が家の愛犬は、力が強い犬種のため、ベビーカーに乗せて、手でリードを持っていると、ベビーカーが上手く操作出来ません。

 

そこで活躍したのが、大型のフック。

このフックにリードを付けて、ベビーカーと繋げて散歩しています。

赤ちゃんと犬 散歩 ベビーカー

メリットとしては、手で持つよりもベビーカーの操作がしやすいこと。
あと、犬がベビーカーを引っ張ってくれるので、上り坂などはママが少し楽できます。笑

 

犬のフンを処理する時も、ベビーカーから手を離さないようにさえ気をつければ、犬のリードとベビーカーは繋がっているので、犬がどこかに行ってしまうこともありません。

 

デメリットとしては、リードが長すぎると、車が来た時など、咄嗟の時にリードを引っ張って自分のところに寄せにくいところです。

 

なので、このフックを使って犬の散歩に行く際は、短めのリードを使う必要があります。

ベビーカーな大型フックで散歩のメリット

・赤ちゃんを抱っこしなくて良いからママの負担は軽くなる

・大型フックを使うことで、リードを持たなくてよくなるから、ベビーカーが操作しやすい

ベビーカーに大型フックで散歩のデメリット

・車や人を避ける時に、リードを引っ張らないといけないので、長いリードは使えない

・ベビーカーの骨組みに大型フックを引っ掛けるので、骨組みが変化ある恐れがある

 

スポンサーリンク

赤ちゃん連れで犬の散歩は、抱っこ紐やベビーカーで可能!

お散歩そのものは、生後1ヶ月検診で外出OKになれば良い!というのが一般的。

ベビーカーに乗ってくれる赤ちゃんは、初めからベビーカーと大型フックの組み合わせがおすすめ!

もし、我が家のように、ベビーカー拒否っ子なら、抱っこ紐に赤ちゃんをイン!の方法で、お散歩することが可能です。

 

我が家の愛犬は、大のお散歩好き。
そのため、ただでさえ赤ちゃんが生まれて我慢が増えた愛犬にこれ以上、好きなものを我慢させたくありませんでした。

 

春や秋はあまり暑くない時間であれば、何時でも散歩に行けますが、夏や冬はそうは行きません。

 

夏場は、暑すぎるので夕方から頃にしか行けませんし、冬場は昼間の時間にしか散歩に行けません。

 

どうしても赤ちゃん優先になってしまうので、冬場寒くて家から出られなかった日は、夫が帰ってきてから犬だけ散歩に連れて行ったりして、何とか散歩しています。

 

これから、子供が歩きたいと言ってベビーカーに乗らなくなった時は、一応抱っこ紐も持って散歩に行くか、三輪車に乗れるようになれば、三輪車に乗せての散歩などになるかなーと。

 

犬の散歩に行かない!という選択肢はないので、現在はベビーカーと大型フックセットで乗り切っていますが、今後は、その時その時でベストな散歩方法を見つけていこうと思います。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です