赤ちゃんと犬が共同生活する上でのお悩み解決記事特集【我が家の体験談】




赤ちゃんと犬の共同生活は悩みが次から次へと溢れてきます。泣

我が家は先に犬を飼っていて、後から子供が生まれたパターン。(犬が2歳の時でした。)

犬の犬種や性格、年齢などによっても悩みが異なるとは思いますが、我が家で発生した問題や悩み、その解決法をお伝えします。

我が家の状況
  • 犬種はフレンチブルドッグ
  • 犬2歳の時に我が子誕生
  • トイレや無駄吠え、噛み癖などは1歳までに一通りしつけ済み
  • 指示は「待て」「おすわり」の
  • 犬の性格は、外出好き・食べるの好き・人が好き・甘えん坊・賢い・比較的おとなしいけどテンション上がると収拾がつかなくなるw
スポンサーリンク




赤ちゃんと犬の生活のお悩み(1)赤ちゃんと生活で注意点は?

犬と赤ちゃんの共同生活で一番心配していたのが「どうやったらどちらも安全に生活できるのか」

犬が赤ちゃんを噛まないように、赤ちゃんが犬を叩いたりいじめないように。

そのためにはちょっとした注意点がありました。その中で感じたのは何事も「はじめが肝心」だということ。

詳しくは赤ちゃんと中型犬の同居!一緒に暮らすための注意点と安全対策をご覧ください。

赤ちゃんと犬の生活のお悩み(2)生活で大変だった時期は?

赤ちゃんと犬の共同生活は、想像以上に次から次へといろんな問題や悩みが生まれてきました。泣

特に大変だと感じたのは我が子が生後7ヶ月〜1歳頃。

ハイハイやつかまり立ちを覚えたけれど、まだ一人歩きが安定していなかった頃で、新生児の時にはなかった悩みが次々出てきました。

詳しくは犬と赤ちゃんの生活!お世話が大変だったのは生後7ヶ月〜1歳頃までをご覧下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんと犬の生活のお悩み(3)犬のストレスはある?

赤ちゃんという未知の生物が家に来ることで、犬には人間が想像するよりも大きなストレスがかかります。

我が家の愛犬も例外ではありませんでした。
赤ちゃんだけが全ての原因ではないにしても、環境の変化によるストレスで病気になってしまったんです。

この出来事を機に、赤ちゃんと犬の共同生活についてもっともっと注意すべきこと、大切なことを学びました。

詳しくは犬と赤ちゃんの同居!我が家のフレンチブルドッグがストレスで病気に!をご覧下さい。

赤ちゃんの犬の生活のお悩み(4)散歩の方法は?

赤ちゃんと犬の共同生活の中で、具体的なお世話として苦労したのが「散歩の方法」

毎日散歩したい愛犬、安全面からも必ず連れて行かなきゃいけない赤ちゃん。

1人と1匹を同時にお世話しながらの散歩は試行錯誤の連続でした。

赤ちゃんと犬の散歩法については、下記3つの記事で詳しく述べています。

関連記事>>>赤ちゃん連れで犬の散歩のベストな方法は「ベビーカーにフック」

関連記事>>>赤ちゃんと散歩!ベビーカー?それとも抱っこ紐?

関連記事>>>犬の散歩中に子供連れと会ったら?〜犬連れ側と親子側の気持ちと対処法〜

赤ちゃんと犬の生活のお悩み(5)ドッグランに子連れはアリ?

赤ちゃんと犬の共同生活。散歩の他にも頭を悩ませた問題が「ドッグランに子供を連れていくか否か」

ドッグランはその名の通り「犬を走らせる場所」もちろん、我が家の愛犬以外の犬もたくさんいます。

ネットの意見を見ていると原則はやはり「小さな子どもは入らないでほしい」という意見が多数。

ただ家族でドッグランにお出かけすることもあると思います。

そこでいろんな飼い主さんのご意見や私自身の経験を元に、どんな点に注意して子連れドッグランを利用するか等のご紹介をしました。

詳しくはドッグランに子供連れはアリ?ナシ?注意点やルールは?をご覧下さい。

赤ちゃんと犬の共同生活はちょっとして工夫や注意が必要

赤ちゃんと犬の共同生活に関して、かれこれ数年経験してきて感じているのは「赤ちゃん、犬どちらにも配慮や工夫が必要」ということ。

大切な我が子も、大切な愛犬も快適に過ごせるよう、今後とも気をつけていきたいと考えています。

ちょっと小話>>>【犬派vs猫派】犬派の我が家が考える好きな理由

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です