芦屋航空祭に子連れで行くなら前日がおすすめ!




私は、有川浩先生の大大大ファンで、作品はほぼ全て読破。
特に「図書館戦争シリーズ」は単行本、文庫本、漫画全てを所有しているほど。

 

そんな有川浩先生の作品には、しばしば「自衛隊」が出てきます。
その中でも特に「空飛ぶ広報室」や「ラブコメ今昔」で登場した…

 

ブルーインパルス!!!

を一目みたく、全国各地どこで見るか、どこなら子連れでもじっくり見られるのか…。やっぱり子供本人も楽しめる3歳児以降が良いか…でも、3歳以降は本人の意思が強すぎて、大人はじっくり見るなんて無理なんじゃないか…。

 

といろいろ考えましたが…とりあえず百聞は一見にしかずなので、ブルーインパルス見に行ってきました!笑

 

スポンサーリンク




航空祭とは?

 

そもそも航空祭とは何なのか?

航空祭とは…
一般市民に自衛隊を知ってもらうためのお祭りです。

 

そのために、基地内を解放して、一般披露します。
また、航空自衛隊アクロバットチーム「ブルーインパルス」による曲芸飛行も見所の一つです。

 

基地内では、出店が出たりイベントを行ったりします。
また、間近で戦闘機を見ることができ、全国各地からマニアが集まるのはもちろんのこと、一般の方々も楽しめるイベントになっています。

 

芦屋航空基地について

 

私たちが参加したのは、芦屋航空祭。

 

芦屋基地は…
・所在人数:約1300人
・総面積:430万㎡
・滑走路:長さ1640m

 

福岡県の北九州市と福岡市の間、遠賀郡芦屋町と岡垣町にある基地です。
東京ドーム約92個分の面積だそうで、航空自衛隊の基地の中では3番目に広い基地です。

 

航空祭以外にも、見学会やその他たくさんのイベントが開催されています。

 

芦屋航空祭は、例年秋の開催が通常のようですが、私たちが参加した2018年は、他の行事との兼ね合いで2月に開催されました。

 

(来年以降10月開催であれば、時期的にも過ごしやすくて良いですね。)

 

スポンサーリンク

子連れは航空祭前日がおすすめ!

航空祭でブルーインパルスを見るぞ!と決めたは良いものの「航空祭」で検索をかけると…

航空祭は当日の混み方が尋常じゃない様子。

 

そりゃそうですよね。
全国からファンが集まるわけですし。

 

通常、最寄りの駅から基地まで車で5分足らずで着くはずの基地で行われた航空祭では、駅から基地まで混みすぎて2時間かかった!という伝説もあるほど。(芦屋航空祭のことではありませんが…)

 

それほど激混みな航空祭に、当時1歳になったばかりの我が子を連れていけるのか…。でもブルーインパルス見たい…。

 

…と!悩みに悩んでいた私たちに一筋の光が!!

 

何と!
ブルーインパルスは前日も飛ぶだと!

 

そうなんです。
航空祭では、前日に事前見学会と言って、体の不自由な方を優先とした前夜祭なるものがあるようなんです。
(前日飛行練習を兼ねたものだと思いますが…)

 

一般の方は航空祭前日は、基地内に入ることはできませんが、ブルーインパルスもバッチリ飛ぶとのことで、前日ならそんなに混んでいないのでは?という淡い期待を持ち、前日の飛行練習目当てで、芦屋基地へ。

 

芦屋航空祭の穴場スポット

 

いくら前日とはいえ混んでいるのでは?という不安もありつつ、基地に近づくたびに「どこで混むんだ!」「この辺りか!」とドキドキしながら目的地を目指しました。

 

結論から言うと!
全然混んでなかった!!!!

 

のちに調べると、芦屋基地は抜け道も多く、航空祭の中でも比較的車で行ける航空祭だと…。

 

あのビビってた時間は何だったんだ!と思いつつ、混んでないのは結果オーライ!

 

駐車場は.,
芦屋海浜公園と駐車場に停めました。駐車場は無料!

 

そこから少し歩いて行くと、なにやら少しだけ高台になった場所に人だかりが!

 

航空祭初心者の私たちとは違って、めちゃめちゃ高価そうな大きなカメラを持った方々もちらほら。

 

「なるほど!ここから見れるのか!」と待っていると….

 

 

きました!!!!
ブルーインパルス!!!

 

一糸乱れるアクロバットな動き。
名物のハートに矢を放つ曲芸もバッチリ見れました。

 

1歳の我が子は、音にびっくりして、何が何やらと言う顔をしていましたが、大人2人(夫と私)は大興奮!

 

(実は夫は、そんなに興味津々というわけでは無かったのですが「あれやばい!すごい!を連発してました。笑)

 

その後も、別の戦闘機が飛行練習を開始しましたが、私はブルーインパルスが見れれば満足でしたし、まだまだ少し肌寒い季節でしたので、その場を後に帰りました。

 

子連れでも航空祭(前日)は楽しめた!

 

私は、死ぬまでに一回でも良いからブルーインパルスを見たい!と切望していたわけですが、無事に見ることができ、本当に感無量でした。

 

欲を言えば、もっと間近で見たかったという思いもありますが、飛んでいる姿を見れたことは感動しました。

 

同じような子連れの方もちらほらいらっしゃいました。

 

基地内のイベントなどは参加できませんでしたが、子供が小さなうちは、このような楽しみ方もアリだと感じました。

 

もし、私と同じように「子連れでも、一度でいいからブルーインパルスを見てみたい!」という方は、前日がオススメです。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です