魔の3週目ー何をしても泣くので私はママを辞めようと思った




退院後の生後2週間目からは、自宅や里帰り先での育児にとにかく慣れるために、育児しやすい環境を、いろんなことを試行錯誤しながら過ぎていきます。

 

そしてやっと、自宅や里帰り先での育児環境が整ってきて、さぁこれから!って時に訪れる悪夢の日々。

 

そう。
俗に言う魔の3週目

 

・寝ない
・何しても泣く
・どんな対策を取っても泣き止まない
・ママの抱っこで泣き止まない
・ママ以外だと泣き止む、寝る

 

妊娠後期から、腰痛や胎動、その他もろもろのマイナートラブルで睡眠不足が続き、出産後からは赤ちゃんのお世話で眠れない日々が続きます。

 

そんな中での「魔の3週目」は本当にきつい!

 

頼む!頼むから!寝てくれ!
そして私を寝かせてくれ!

 

言葉の通じない我が子に何度懇願したことか…。

 

永遠とも思えた日々でしたが、結論から申し上げますと…

「終わりは来ます!」

 

今回は、私が体験した「魔の3週目」からの脱出方法などをお伝えします。

 

スポンサーリンク




魔の3週目とは?

 

俗に言う「魔の3週目」とは一体どんなものなのか?

 

魔の3週目というのは…

・お腹の中から出てきたことを自覚し始める
・お腹の中と外の違いが分かり、恐怖を感じたり、その変化に戸惑ってしまう

 

といったことが起き始めるのが生後3週目なので「魔の3週目」と呼ばれています。

 

きっと本人も泣きたくて泣いているわけじゃないんですね。

 

赤ちゃんは脳の発達がまだまだ未熟ですから、環境の変化に心も頭も追いつかないんです。

 

それが「魔の3週目」と呼ばれる時期なんです。

 

魔の3週目〜我が家の記録〜

 

それは、突然始まりました。

 

我が子は23〜2時まで

全く寝ない
絶対泣き止まない

 

まめま
この時間帯を、実母と二人で「ぐずぐずゴールデンタイム」と呼んでました。笑

 

産後の睡眠不足が続き、出産や育児の疲れが出始めた生後3週目。

 

その辛さに…
何度、我が子に手を上げそうになったか。

 

何度、産んだことを一瞬でも後悔しそうになったか。

 

私はダメなママなんだ。
赤ちゃんを泣き止ませられないなんて、ママとして認めてもらってないんだ。

 

そんな風に自分を責める日々でした。

 

でも!そんな日々にも終わりが来ました。

 

我が子が「魔の3週目」の終わりを迎えたのは、魔の3週目から2週間ほどが経過した頃、生後1ヶ月〜1ヶ月半頃。

 

そしてその頃は…

ベッドの上であぐらをかいて授乳して、そのまま寝た我が子を、股の間に置いて寝かせるという私なりの寝かしつけの技を習得した頃でもありました。

まめま
自分の手で寝かしつけられたという経験が、ママへの自信の第一歩になったと思います。

 

つまり!

永遠と思われた「魔の3週目」もマックス14日くらいしか続かないというわけです。

 

悩める人
いやいや長いわw

と思いますよね?そうですよね?

 

だって・・・

妊娠中から寝不足で

妊娠後期なんて全然眠れなくて

陣痛中も痛くて当然眠られなくて

出産直後の入院中も全然眠れなくて

退院してやっと家での生活のリズムや赤ちゃんのお世話に慣れてきたのに

ここでの寝不足や、赤ちゃんの泣き声は拷問もんですよね。

 

悩める人
しかもそれが14日も続くのかと思ったら耐えられない!

って思いますよね?

 

でもね。「終わりが来る」ということは確実なんです。

 

しかも「いつか終わる」話じゃなくてマックス14日で終わるんですよ?(私の体験談によるとですが・・・)

 

14日も経たずに、魔の3週目に終わりが来る人もいます。

 

魔の3週目の渦中にいる人にとっての14日間が長いことは重々重々承知です!!

 

私がそうでしたから。

 

でも。

離乳食が始まってから完了するまでの8ヶ月間

妊娠から出産までの10ヶ月間

夜泣きに悩まされ続けている1年以上

に比べたら14日間なんて短い!

 

小学生の冬休みくらい短い!(春休みだったかな?笑)

魔の3週目を迎えているママ!

妊娠から出産までのトツキトウカを思い出してください。

長かったでしょ?

それよりは確実に100%短いですから、安心してください。

スポンサーリンク

魔の3週目の対策

 

私が魔の3週目に行った対策(…と呼べるほどの対策ではありませんが…)はこちら!

 

人に頼る、任せる

まめま
初っ端から対策らしい対策じゃないくてすみません!!!

 

当時、実母が仕事をしていなかったので、23〜2時のぐずぐずゴールデンタイムは実母に抱っこを交代してもらってました。

 

実母の抱っこだと泣き止む我が子を見て、自ら頼っておきながら…

 

「自分の赤ちゃんも泣き止ませられないなんて、私はママ失格なのかもしれない」と落ち込みました。

 

でも今思えば当たり前だったんです。
だって私は子供が苦手なこともあり、今まで赤ちゃんを抱っこしたことなんて人生で一度もなかったんです。

 

赤ちゃんが生まれれば、誰もが自動的に「一人前のママ」にすぐになれるわけじゃありません。

 

赤ちゃんが0歳なら、ママも0歳。
赤ちゃんが1歳なら、ママも1歳。

 

その点、実母は私や兄弟を育ててるわけですから、ママ歴は数十年な訳です。

 

抱っこの安定感が違います。
そりゃー不安定な抱っこじゃ泣きたくもなります。

 

ここは思い切って、頼れる人は頼る。
その間に1秒でも寝る、横になって休息をとることが何より大事です。

 

眠れる時に寝る

 

昼間でも何でも、とにかく1秒でも長く眠っていました。
寝不足はいろんなイライラを生み、心の余裕を奪っていきます。

 

家事なんてしなくても、死にゃしません。笑

 

おっぱいを出すためにも、睡眠はとにかく大事!1分でも1秒でも長く寝る!それが魔の3週目を乗り切るためには必要不可欠です。

 

 

魔の3週目が終わりを迎えた要因

 

魔の3週目自体、赤ちゃんにしか分からない原因で起こるので、コレ!といった要因は分かりませんが…

魔の3週目が終わった要因として、心当たりがあることをまとめてました。

 

ママの抱っこが安定

まだまだ不安定さは残りますが、少しずつ赤ちゃんと息が合ってきて、抱っこに安定感が出てきたことが、泣き止んだり、寝てくれるようになった要因ではないかと考えています。

まめま
ママもやっとレベル1になったというわけです!!笑

 

おっぱいがある方が安心するということを覚えた

 

初めは…

おっぱいがそばにある=僕はお腹が空いたのか?いや!減ってないぞ!

という混乱して、ママが抱っこすると逆に興奮して寝られなかったのではないかと思います。

 

しかし、そのうち…

おっぱいがある方が何だか心地が良いぞ!

に変わっていったように感じました。

 

 

お腹の外の世界に慣れてきた

 

これも推測にはなりますが、だんだんと自分がいる場所、自分を取り巻く人たちがいることに、慣れてきた様子でした。

 

大人でも見慣れないところ、はじめての場所は緊張しますもんね。

 

赤ちゃんにとって、安心できる場所になってきた=不安がなくなってきて、魔の3週目が終わりに向かっていったのではないかと考えます。

 

魔の3週目に必要なのは支えと時間

 

魔の3週目の時は、赤ちゃんの泣き声にまだなれておらず、泣かれるたびにイラッとしてました。

 

実母の支えがなければ、きっと乗り越えられなかったと思います。

 

核家族が進み、ワンオペ育児という言葉が飛び交う時代になりましたが
いつの世も、子供は一人では育てられない。

 

家族や夫、そこに頼れない人は、行政のサービスを利用してでも、何とか本当の意味でひとりぼっちの人が出ないことが、魔の三週目を初めとする、育児のさまざまな困難を乗り切るための力になると感じます。

 

そして、魔の3週目を始め、育児のさまざまな問題には、ある程度の時間の経過が大切です。

 

魔の3週目とは、比にならないくらいの問題が次々に起きて「あの時の苦労なんて、今と比べたら…」と思える日が来ます。

まめま
夜泣きとか、離乳食食べないとか、夜泣きとか、イヤイヤ期とか、夜泣きとか…笑

 

産後間もない頃の睡眠不足が続く中の、寝ない&泣き止まない!はとても辛いでしょう。

 

でも、永遠には続きません!!

 

­疲れれば寝るし、泣く体力が無くなれば泣き止みます。

 

産後間もない頃に訪れる「魔の3週目」壁。どうか、この辛い時を乗り越えられますように!!!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です